« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »

2007年2月 8日 (木)

烏賊

年末、福岡に仕事で行った際に、前職でお世話になった方と久しぶりにお逢いした。

色々と大変な仕事をご一緒させていただいた方なので、自然と話も弾む。
「あの時は・・。」「この時は・・・。」そんな話題に、お互い歳をくったということを再認識する。

博多で食べた烏賊が本当に美味しかった。活け造りで未だ動いている。刺身も透き通っていて、弾力のある身が口の中で踊った。
ゲソを天麩羅にしてもらって、二度美味しい。

天神駅で「また逢いましょう!」と、握手して別れて背筋を伸ばした。
まだまだやらなきゃ・・。

年明け、その方の故郷から焼酎が届いた。焼酎『天草』。

また美味いもの食いながら、話が出来る日が楽しみだ。
それまで、『天草』をチビチビやろう。

P1000911

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

林檎

最近、アップルの動向が気になる。

MacのTVCM投入量も増加。Winとの比較としてパーソナルユースやクリエイティビティを前面に打ち出した内容も質の高いものだ。

iPodによる市場創造。そのスタイルが受け容れられ、携帯音楽プレーヤーの市場は大きく変化した。

そして、Apple TVやiPhoneの市場投入。

http://www.apple.com/jp/appletv/

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0701/10/news023.html

特にiPhoneの日本市場への投入は大きな波紋を広げそうだ。
ソフトバンクの孫氏が米Macworld Expoの会場に姿を見せたことも気になる。

iPod shuffleの新色を購入。やられた・・・・。

P1000948

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

友達

先日、結婚間近の二人と夕食をご一緒した。

当日は新居への引越しだったと言うことで、引っ越し祝いも兼ねての懐石料理と相成った。
「銀座大野」で、美味しい料理とワインを堪能。

何よりも、二人の幸せそうな表情と、その二人との会話が嬉しかった。『幸せ感』は伝播する。美味い料理は、一層美味く。楽しい会話は、一層楽しくなる。楽しい時間の意味を深く感じる。

そのお二人から、思ってもいなかった<誕生日のプレゼント>をいただいた。
自分でも毎日に忙殺されて忘れていた誕生日・・・。嬉しかった。

そんな友達が居ることを自分自身の誇りに思う。周りに囲まれて生きている自分を再認識もする。

「本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます。」

そんな二人は、間もなく結婚する。ひと足早く、「おめでとう」。

P1000947

| | コメント (6) | トラックバック (0)

信頼

企業のモラルが問題になっている。P1000945

不二家に始まり、新聞社の「サクラ問題」「記事の盗用」、テレビ局の「捏造番組」。通りかかった銀座の不二家には張り紙が貼られ、シャッターがおりたまま・・・。

各企業トップの謝罪会見。

ただ、社長という頭の挿げ替えで問題の解決としてしまう企業もある。

一番の問題は企業風土なのかもしれないが、本来の問題はもっと深いと所に潜んでいるように思えるのだ。

それは、個々人の「当事者意識の薄さ」「多人数の中での自分意識の欠如」。

自分は会社の中での出来事の一つ。企業のやっていることは自分がやっていることではなくて、企業がやっていること。私は企業の当事者では無いという意識的な乖離。

そして、みんながやっている企業内慣例の中で、疑問や非道徳的な出来事でも許してしまう個人。しかし、それは雇用される側の責任では無いことも理解してはいるが・・・。

どんなことであっても、自分が行った責任を感じるか?その出来事を自分の事として感じられるか?そんな感覚自体が薄れているのだと思う。
工場のパートタイマー従業員のインタビューに「あの工場で作ったものは自分は買わない」とのコメントがあった。確かにパートタイマーが経営者にもの申すことは叶わぬことが多いと思う。しかし、それを諦めない・曲げない気持ちだけは持ち続けたいものだ。

多分、経営のトップを含めて、企業内で起こっている事全てが自分の事として捉えられない感覚が蔓延っていたのだろう。それは企業だけでなく、社会全体のことなのかもしれない。

自分の集まりが社会なのであって、「自分だけは・・・、人のことだ・・・」と言う感覚が、結果として自分自身を責めているのだということを再認識したい。P1000946

数寄屋橋交差点近くの不二家の傍で、天使がビル陰から「あーあ・・」と呟きながら覗いていた。

これは、不二家に資本も入れている競合企業?皮肉な光景だな?・・苦笑しながら銀座を歩いた。

我が内にも油断禁物。自分自身、基本的な人としての「責任と信頼」を考え直した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »