« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »

2006年9月14日 (木)

もつ系居酒屋が好きです

群馬から戻り、一夜明け、東京の仕事に戻りました。
最近、夜が明けるのが遅くなりましたね・・・徹夜漬けの毎日ですが、
その分、普通の生活では感じられない時間帯の出来事を、感じることが出来ます。

唐突ですが、俺はもつ焼き、もつ煮込み、即ち「もつ系」居酒屋が好きです。

これぞ下町って感じの店が多いし、競合も多い分だけ、それぞれに個性がある。

夜、ひとりで夕飯がてら行くことも多いです(寝ろよって感じですが、スイッチの切り替えに時間が必要なので・・・)。そんな時は、飲みながら本を読んだり、店主と話したり。

P1000619

会社近くで、いつも行く店。

大鍋の前の席に招き入れられ、周りの客に囲まれて<チューハイ>を傾けます。

前にも紹介しましたが、この店の「煮込み」は串に刺さってます。注文すると、5串で350円で皿に乗せてくれます。

常連さんたちは、菜箸で勝手に取っちゃいます。

なので、写真も俺の席も箸が自分の方に向いて置かれています。
(勝手に取ってねって感じですよね)P1000621

この店の場合、座った瞬間に「おしぼり」と「取り皿」が置かれます。おしぼりは、手拭と台布巾の兼用。取り皿は<煮込み>用。

煮込みの中でも、シロを探してとっちゃうんですけどね、
俺は。

もつ焼きも美味いです。
これもミックスでは注文せずに、好きな部位だけ注文しちゃいます。P1000620

いつも「カシラ3、シロ2」です。
普通は、殆ど塩で注文するのですが、この店はタレ。

なんか、ジャンクっぽい感じが、またいいのです(笑)

一味を振って、うーん美味い。

自宅の近くにも、もつ焼きの店の行きつけがあります。P1000607

この店は、中国人の奥さんと、柔和で下戸な旦那さんでやっている小さな店です。

夏のおしぼりや、生ビールのジョッキの冷やし方といい、細かな気配りが、地元っぽいんです。帰ってきたなぁ・・・って感じ。

まあ、普通に毎日家に帰ってない人間なので(笑)

人気メニューの中華冷奴は、奥さんが試作していた頃から何度も食べさせられていたので、看板メニューになった今、ちょっと嬉しかったりします。

何にしても、居酒屋文化って素晴らしい。

外国人も、居酒屋で焼鳥食わせときゃ、満足しますからね・・すごいことです。
もつ(豚)は、ちょっと問題がありますが・・その辺は要注意です。
日本人はそのへんに疎いですからね。

今日も一杯いきたいなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

意識差・・・負けたくない気持ち

展示会は終了し、まったくの睡眠不足を押して、ひとり東京へ車を走らせる。
現場での撤収作業は任せて、東京で明日のために徹夜仕事に向かう。

色々な気持ちが入り交じる、切ない後味。
与えられた仕事の舞台を、最後まで成功させられなかった実感。

悔しさ、情けなさ、切なさ・・・少しばかりの諦め。

ある人が言っていた。
同じ仕事をしたとしても、人によって「仕事の出来栄え」は全然違う・・と。

ただただ、強く思った事。

仕事やコミュニケーションは<感度>と<想像力>が大切であるということ。

感じて、考えて、動く・・という基本に対する、意識や気持ちに格差があるということ。
そして、その格差が「埋め難い事実」として存在することがあるということ。

文化や常識が民族によって違うかのごとく。

学校や大きな企業の中では、モチベーションやレベルも「割と近い」人間が集まりやすく、そして、大きいが故に、格差も薄まる。

「無念なり。チカラの限界を知る。」

眠れないことよりも、今は、出来ないことが悔しい。
そして悔しくて眠れない。こんなに徹夜が続いていても「悔しい気持ち」が勝っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さぼりがちの言い訳

群馬県の前橋市に来ています。
とあるクライアントのお仕事で、結構肉体労働です(笑)

深夜まで展示会の準備をしておりました・・・P1000630

お弁当をいただき、腹ごしらえ。
当然「ドリンク剤」も一緒です。

出張続きの最近・・・今日もホテルで徹夜仕事。

ですので、更新ご無沙汰はご容赦ください(言い訳です)

さて、明日は本番。
終了後はダッシュで東京へ!定例商談の準備で、また夜無し人間でしょうか?(泣)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »