« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006年8月 5日 (土)

25時

訳あって、商談が終わらず、広島にいます。飛行機も取り直しました。しかし、ホテルの手配に手間取り大変でした。広島は二日後に平和祈念式典があって、全国から人が集まっているんです。そういえば、朝の飛行機も国際線向けの機体に変更されていて、搭乗にも時間がかかっていました。

商談、打ち合せの後…クライアントと夕飯…22時過ぎからでしたが。いま皆さんと別れてひと息。パソコンも電池切れで、携帯からです。(多分明日は更新できそうもありません:汗)

さてと、せっかく出来た機会!明日は飛行機の時間まで、広島観光しようと思います。今週も一週間、頑張りましたから。(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

すし食いねぇ

夏の天気になってまいりました。これくらい暑くなってくると、逆に嬉しいかも。
でも、これが続くと、身体がきつい!(人間わがままですから)

徹夜明けで、東に向かい、今は西に居ます。(都内ですが)
時間も無くて、ドタバタです(笑)

昼飯は素早く食べられる「寿司」。夏だし、食べやすいし・・。

本日最後のクライアントでは、コンサルとして、部門長からヒヤリング。

あまりに当社にも当てはまるので、苦笑しちゃいました。
実はウチもそうですよ・・なんて、コンサルとしてはあるまじき暴挙に出たりして(汗)

しかし、現在の日本企業の成長・衰退のスピードから云って、それにマッチした人材育成・教育は、ついて回るテーマなんですよね。企業の成長スピードと同じように、人材が成長することは、まず無い。特に急速に変化する場合、外から入れるか、リストラするか・・終身雇用なんて、産業構造上からもありえない状況になっています。P1000433_1

一緒に聞いていた、当社の社員はどう思ったでしょう?

お茶を飲みながら、メールを確認。いま一息ついています。
明日は広島への日帰り出張。またまた、強行軍です。

がんばらなきゃ!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

厳しさを乗り切るため、鰻を食す。

最近、仕事のほうが、色々な意味で厳しさを増してきています。
自分自身でも、想像を絶する事があり、凹んでしまうこともあります。

疲れた身体と心を、何とかリフレッシュしたのですが・・・。(泣)

先日、また「鰻」を食べました。食前酒付きの「うな重」・・美味かったです。
少しだけでも、自分から自分に「ご褒美」あげないと可哀想なので(笑)

今年は二の丑が8月4日。P1000416_2

それにしても「平賀源内」のアイディアとコピーが、今でも活きている「土用丑の日」。

こんなに長く生き続けている「セールスプロモーション」と「キャッチコピー」なんて、例をみません。

凄いことですよね。
広告クリエイターもタジタジでしょう。


【土用丑の日の由来】
商売不振の鰻屋から、相談を受けた平賀源内。何とか商売をうまくいかせたい・・・そこで平賀源内は、「丑の日だから、『う』のつくものを食べると縁起が良い」という語路合せを考え、また鰻が古来より精をつけるのに良い食べ物として知られていることも利用し、「精のつく鰻は夏を乗り切るのに最適」という宣伝コピーを作り、鰻屋の店の前に「本日土用丑の日」という、誰の目にもつく大きな看板を置かせたのでした。

亀田興毅が世界チャンピオンになりましたね。そういえば・・・。
微妙な判定だったですけど。

仕事を抱え、眠れない夜・・・少しだけ嬉しいです。
スカッと勝てればもっと嬉しかったかな?
(しかし、地味だけど粘り強い試合でした)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

夢の跡

また朝が来ました・・8/1夏の朝です。
梅雨も明けましたが、どんよりした東京の空です。

先ほどまで、代理店担当者の方が一緒に徹夜しておりました。
今日も午後からその打合せです。それまでにひと仕事終わらせないと(汗)

P1010024_2

さて、今週も徹夜で始まりました。
更に週末には、また出張が入っており何とも・・(泣)

しかし、俺と徹夜をしていた担当氏は、前職で一緒に仕事をしていた方なので、進行しながら2回の確認・打合せで、何とかカタチに出来るんですよね。

やっぱり、スムーズに仕事が出来るスキルとやる気、責任感がある人とはやり易いです。

P1000431

そんな思いで社内を振り返ると・・悔しいです。
本当に悔しいなぁ・・・。

しかし、そうも言ってられない「目の前の現実」があるので、まずはその現実を打破していきましょう。

机の上は、ドリンク剤と、ガムの山(笑)

                                                    

徹夜での共同作業は、とりあえず終了。
午後に最終打合せのうえ、明日の朝イチでプレゼンに向かう予定です・・・この仕事は。

ご一緒いただいた、担当Y氏。どうもありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

灯台紀行(城ヶ島)②

城ヶ島灯台は、「喜びも悲しみも幾年月」の舞台となった『観音崎灯台』ほど、有名では無いかも知れません。P1000429

でも、その観音崎灯台を「父の灯台」。そしてこの城ヶ島灯台は「母の灯台」とされているんです。日本初と二番目の西洋灯台なんですねぇ。(一部では4番目?とも)

その「母の灯台」下の岩礁は、結構素晴らしいのです。

P1000432
堆積した地層が、いつの時代か隆起し、その岩盤をあらわに突き出している・・その岩礁は、地球の偉大さを感じます。

その潮溜まりには、海の生物がいっぱい!
(NHK教育か?笑)

家族連れは入り江で水遊び。

P1000433

キャンプで寝泊りしている家族が居たけど?
大丈夫なのだろうか・・・(汗)

磯釣りをする人達も多数。

三浦といえば、<まぐろ>だっ!というわけで、腹ごしらえ。


港近くの店に入りました。 P1000439_1 P1000438_1

「まぐろヅケ丼」と「まぐろワラジフライ」の2品を注文。でも、出てきてから後悔・・・。

デカイ、まぐろのフライ・・デカ過ぎる。

結局、お持ち帰りにしてもらいました。厚さも約2センチ、これは大きい (@ @;)

その後、岩場に座ってひと休み。
(PC開いてちょっとメール確認と仕事のやり残し:苦笑)

そろそろ、夕陽が海に沈む・・・ってところで、雲が出てきて夕陽が沈むところは見れませんでした(残念)

,

岩の間を見たら、カニ。 P1000435

久しぶりだなぁ、こんな磯でカニ見るのも・・・って事で、城ヶ島灯台でのひと時でございました。

半日での灯台紀行。明日からまた頑張らねば・・うっしゃ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

灯台紀行(城ヶ島)①

東北を除く、日本列島梅雨明けの今日。
午後イチまで仕事をこなし、『灯台まで気分転換のドライブ』第2弾。

天気があまりに良いので、「こりゃイカン!」と飛び出しました。P1000419

首都高は意外と空いていました・・(午後でしたからね)
天気はまずまず。

都内を抜けて、横浜方面を目指しました。


目的地は三浦半島。 P1000423_2

新・相棒との初ドライブは銚子の「犬吠崎灯台」でした。

http://y-ohtsu0318.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_8ff1.html

行き先も特にないドライブ・・思いつきで出掛けて来たので、どうせならこれからも灯台を見て歩こうかな?なんて、思いつきの「灯台企画」を自分に言い聞かせ、車を走らせるのでした。

P1000424

横浜横須賀道路を抜ける頃、緑も深くなってくる。

三浦縦貫道路から城ヶ島方面へ・・・・。

城ヶ島大橋を渡り、城ヶ島に入ります。三浦半島「城ヶ島灯台」までやって来ました。

                                            

P1000425

灯台までの道々、すれ違う人達、日焼けした家族連れが多かったです。さすが夏休みだねぇ。

梅雨明けを、この辺りを歩いている時に知りました。
おお、夏がきたなぁ!やっぱり海だな。

灯台近くの駐車場はいっぱい。でも少し離れた県営駐車場に車を停めて、ちょいと散歩。灯台までの数百メートルは、昔ながらの土産物屋が並んでます。

P1000427子供の頃、この近くの油壺マリンパークに連れてきてもらった記憶があります。出来たばかりで、魚が計算などの芸をするって、話題でした。

そんなこんなで・・城ヶ島灯台に到着~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひまわり

梅雨明け間近の週末・・・。
夏到来を目前に、「向日葵」にしてみました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »