« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »

2006年7月22日 (土)

ヒロシマの森

P1000378朝ギリギリまでプレゼン準備。

ホテルを出て、広島の町をテクテク歩いて向かう。

気合入れて、しっかりやらんといけません。
しかし眠い・・・というか、目が乾く。

                                                         朝イチ~4時近くまでプレゼンテーションを済ませるが、頭に言葉が浮かばなくなることが多かったなぁ、まずいよなぁ。(苦笑)

商談を終えて、暫し先方の役員と近況情報の交換と談笑。

おわったぁ!終わりました。

何本かの電話を済ませて広島駅に向かう。P1000379_1

空港ゆきのバスまで少し時間があったので、駅前のベーカリーショップで「カールスバーグ」を頼んだ。    ふぅ・・・・・疲れたなぁ、マジ。

朝は曇っていたけれど、kの時間には晴れ間も見えて暑くなってきた。ビールが美味い。眠い。(笑)

                                                                                P1000380_1

少し時間を潰してからバスに乗り込んだ。車内は空席が目立つ・・ゆったりしていて嬉しいなぁ。

涼しいし、ビールを飲んだし、眠くなってくる。

少しの間、ウトウト・・・・・・・・・・。P1000381_1

目が覚めると空港に近く、山を登ってる。
30分くらい寝ていたらしい。

ヒロシマの森、ヒロシマの緑に囲まれて、バスは走る。

まもなく広島空港だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ANA687

相変わらず「最終の広島ゆき」。しかし、今日は飛行機。
会社を出て、地下鉄~JR~京急を乗り継ぎ羽田に急ぐ。P1000375_1

久々に来る羽田空港第2ターミナル
確か、完成した頃に一度使って以来だ。

眠い目を擦りながら、疲労困憊で搭乗手続き。
ネットで予約支払いしておいたので、機械で即チェックイン。

                                                              建物の大きさや、美しさ、快適さは素晴らしい。P1000376_2

未来都市の中のようだ(笑)
満席便が多くて、手荷物検査が混んでいる。凄い列だ。

早めに搭乗ゲートに向かう。

お腹が「グー」・・・・。そういえば、何も食べてない。
でも、時間が無いし、何処も混んでるじゃありませんか。P1000377

バッグの中に「カロリーメイト」があったのでかじる。

いつのだろう?うーん?
機内では、眠いが寝れない・・(泣)

でも、スープは貰った。少し満足。P1000379

広島駅に着くと、仕事の件で電話が入っている。
これは・・明日も眠れないのぉぉぉ?と思いながらコールバック。

留守電を残し、バスに乗る。バスは満員で乗り切れない人が残されている。金曜は人が多いな。

P1000380

広島駅新幹線口に到着!
車中で電話をもらっていたので、コールバック。

「お世話になっております、すみません。」

なんとか、明日は眠れそうだ(ありがとうございます)

P1000381
予約してある、駅前のホテルにチェックイン。
玄関で西洋騎士の甲冑がお出迎えだ。

さあ、これから仕事。明日のプレゼンの準備だ。  

P1000382_1                                          

この一日が、明日の糧になるように。

色々あるが、周りに助けられて生きている。
そんな風に思えることは幸せだ。

明日まで頑張ろう。終われば眠れる(笑)

日曜日も仕事が待っている。(苦笑)

飛行機での出張。多分一人で乗るのは、数えるほどだろう。
でも、搭乗までのチェックといい、飛行機って特別な感じだなぁ?

全然関係ありませんが、フランスでは『頭突き』という歌が流行っているそうな(笑)
ズバリ歌詞も「ジダンが蹴る、ジダンが打つ・・頭突き、頭突き・・」だそうで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

ついに

あまりの激務に堪えてます(泣)

今日も徹夜です・・・。
実際のクライアント業務と社内業務の狭間で厳しい現状は打開できていません。

明日は広島に出張ですが、その仕事に手が回りません。
先程してきた打合せの結果、いまその仕事をこなしています。

時間が無い、寝る間も無い、倒れてる時間も無い・・・です。

ついに、明日の広島行きは飛行機にしてしまいました。
少しでも時間が欲しいので、恐怖にも耐える方をとりました。(泣)

では、みなさん。
お恥ずかしい話ですが、そういうわけで・・また。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

ちょっとお休み

今日はおやすみします。

みなさん、ごめんなさい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

シュウカツ最前線

今日の東京は雨模様。
最後のクライアントで傘を忘れました・・・(T T)また、傘が増える。

移動中にも携帯が鳴ります。連休なのに、お客様企業も大変ですね。
最後の電話は、社内で社員に任せていクライアントからの電話でした。

またしても、現場環境や意識を変えること、人材育成は難しい事だと感じました。
しかし、諦めはしませんが。(でも、自分で手を動かさなきゃならない中、教育や指導に費やす時間は本当に辛いところで、ましてそのクライアントからの評価低迷には凹みます。まずは、自分を売込む意識や頑張りが大切なんですが、この仕事には。・・オーディエンスなんて当然要りませんし)

そんな時、NHKで「売り手市場」と云われる、今年の就職活動の現状がレポートされていました。
今年は、この時期の合同採用説明会に人が集まらないことを伝えた上で・・

●最近では「面接」ではなく、「選考会」をしている企業がある。

●学生同士のディスカッションで「この企業に必要な人間」を考えさせる。

●そのディスカッションの中で、学生同士に「この会社に必要な人間」と思われる人間を投票させる。

という手法を取り入れている企業の例でした。
なるほどなぁ・・・・と思いながら見ていました。

そんな採用活動が出来るようになる事が、まず必要です(笑)

求めるもののレベルを下げる事はしたくありません。
それは、発展を止める事にほかならないからです。

哀しい現状もある中ですが、お客様が「期待」していただける事は感謝すべきことです。それに応える事が出来ないのは、残念なことです。

最近の傾向として、「上昇志向や自己実現意欲の欠如」を云いますが、本当にそういう人間も多いかもしれない。まずは、意識の変革について考えていこうと思います。

企業は、人と共に大きくなりたいものです。
まだ、まだ、頑張らなければ。

明日は連休明け、一週間が短い分しんどいですねぇ(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

清流の郷へ②

倉渕の町を高崎方面に少し戻る。
色々な場所を確認しながら走って居るうちに「温泉に入って帰ろう!」と決めた。

その前に、少し散策していたのだが、探していた場所を完全に通り越し山道に入ってしまう・・カーナビを見ると「地蔵峠」??完全に通り過ぎたな(笑)
「うーん、仕方ない。ま、いいか」と、峠越えを決行。
<新・相棒>の7速スポーツシーケンシャルマチックが活きるのだ。
(マニュアル感覚の7速が可能)結構、走るじゃん・・と一人満足。P1000367_1

峠を越えると、田園風景が広がった。

車を降りて、深呼吸をひとつ。
戻るかぁ・・と、走り始めるとすぐに、橋の上から川の上流に堰が見える。

                                                            

P1000371                                          傍まで行き、車を降りて川沿いを歩いてみる。

川の水は透明度も高く、けっこう冷たい。
何段階かに分かれて、堰がいくつも造られている。

近くには圃場があって、青い稲が上を向いている。

P1000370 蝉の声、鳥の声、そして水の音・・・
それしか聞こえない。

少し、堰のコンクリートに腰掛けてひと休み。

すると、釣りをするために親子連れがやってきた。
「こんにちは」

                                                                  腰を上げ、峠道をもどり、「せせらぎの湯」を目指す。
その前に、探していた場所を見つけなきゃ・・・。あれ、また行き過ぎたか?

「せせらぎの湯」は、相間川温泉近くにある、福祉センター併設の公営施設だ。

P1000374

施設の中には家族連れや、地元の方々。以前来た時は混んでいたけれど、今日は割と空いている。

茶褐色の湯は一見「泥」のようで、初めて見るとぴっくりだ。
露天風呂につかり、汗を流して曇り空を見上げる。

ふう。。。

疲れを癒すには温泉だなぁ・・・暫し色々なことに考えを巡らす。

温泉を後にして、東京を目指す。帰りの関越道は少し渋滞。

気分転換の日曜、巷は3連休。でも、明日も仕事だ。(泣)
帰って、パソコンを開けば仕事のメールが待っていた。

それでも、時間をとって自然と触れることが出来たことに感謝。

そして、美味しいものをいただいたことに感謝。

生きている事に感謝だ。

そして、良く走ってくれた<新・相棒>にも・・・感謝。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

清流の郷へ①

早起きして少し仕事を済ませて、今日はお休み。

<新・相棒>を走らせ、関越道を北に向かってみる。P1000357

上里のSAで休憩。
ちょっと眠い・・・昨夜も仕事が終わらなくて。(苦笑)
だから、早起きしたんだけど。

眠気を掃い、そして倉渕方面へ向かうが、高崎ICを下りると雨が降り出す。結構降ってきたぞ? そのまま走る。P1000359

倉渕町の入り口に辿り着き、少しほっとする。
権田の分岐を過ぎ、第1の目的地「カネト水産」。

15人くらいのグループが、バーベキューをしながら釣りを楽しんでいる。ルアー釣りを楽しむ人、餌釣りを楽しむ人・・。

釣りチキさんは不在。P1000358

でも、お母さんと、お父さんがいらっしゃった。
「こんにちは!」
「あら、あら、いらっしゃい」

お中元シーズンで、虹鱒の甘露煮の発送作業をされていた。
忙しいとこ失礼します。
「手伝いましょうか?」
「もう、あと一個だから」
「失礼しました・・・」(笑)

P1000360_1 山には低い雲がかかっていて、幻想的だ。
食堂で「蕎麦」と「虹鱒塩焼き」を注文させてもらう。

食堂の軒下では、バーベキュー軍団が「ジュージュー」「ゴクゴク」

お父さん、お母さんと少し近況話。

P1000361

近くの小学生が「課外学習」で訪れた時の写真と、お礼の作文を見ながら料理を待つ。
なんだか、こっちまで嬉しくなるような、可愛くて素直な文章だ。

「色々サービスしてくれてありがとうございます。まだ手が魚臭いです・・甘露煮と燻製おいしかったです」「タダで魚をくださり、ありがとうございます。ひつ問に答えてくれて・・・」

サービス、魚臭い手、タダでくださり、ひつ問・・・微笑ましいなぁ、思わず口許が緩んでしまった。
やっぱり「サービス」や「タダ」は先生が言ったのかな?みんな書いてたし・・。
しかし素直だなぁ。あと、質問を「ひつ問」と書いていた子が多かったな?P1000363

「魚も蕎麦も時間が掛かるから」と、お母さんが「もう、最後だから」と、「筍と新じゃがの煮物」と「山菜のおひたし」を出してくれた。

うんまいなぁ。車じゃなきゃなぁ・・ビールなのになぁ。

P1000365 「おまちどうさま!」

出てきました!「虹鱒の塩焼き」が。熱々のうちに、丸かじりだぁ!ホクホクでパリパリで、美味い。焼きたてはやっぱり美味い。

                                                             

P1000366

そして「ざる蕎麦」登場。
本当に手打ちした、手作り蕎麦。歯ごたえもシコシコした「蕎麦の味がする蕎麦」だと思う。

ふう、満腹だ。

                                                                    

実は、お母さんが「塩焼き」を2尾焼いてくれたのだ・・(感涙)。
確かに2尾食べちゃうな、これは。P1000364

ごちそうさまでした。
そして、また来ようと思う・・だって、ほっとするから。

釣り堀を後にし、倉渕散策に向かう・・。 ②へつづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »