« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »

2006年7月 8日 (土)

ドタナバタンキュー

広島駅に着くと・・・暑い!南の方は雨だと思っていたけど違うのね。P1000315

駅に着いたら、メールチェック。
最近のターミナルは、無線LANエリアがあるので助かります。

接続環境が無い時には<H”>を使っていますが、容量が大きいと結構辛いので、そんな時は本当にありがたいのだ。

駅前は修学旅行の学生や、旅行客でいっぱい。P1000310

昼飯を食べる時間は無いけど、今日は「広電に乗って行ってみよう!」路面電車に乗るのは、広島では初めてかも?
深夜だと、夜風にあたりながら歩いちゃうし、昼間は急いでるからタクシーだし。

そんな俺ですが、ちょっと今日は余裕で路面電車に乗車。
というわけで、どうせ乗るなら「カープ車両」でしょう!

P1000309さすが広島。何処行ってもカープです。

おたふくソースに並んで「カープソース」なんてあるし、もし、球団が買われても(ありえないが)チーム名は変えられないな。

乗車して5分。目的地へ。

クライアントでの時間は終電前までの7時間・・。その時間内に完結出来なければ、東京へ帰ることか出来ない(飛行機が駄目なので、俺)。まずは前打合せで2時間。そして本番。

集中して商談を進める。

終わったのは、終電40分前。駅まで急ぎ、30分前。ふう(汗)
またまた、無線LANエリアで社員の業務報告等を確認。P1000317 20分前。

3分前にホームに駆け上がる!
お好み焼きも無しですが、我慢です。

そこに新幹線が入線・・おお、ギリギリだぁ。

P1000316_1

乗り込むと、殆ど乗車なし・・・なのに2人掛けの隣席は埋まってる?
そういえば、朝もそうだったなぁ。切符買った時の駅員の嫌がらせか?たまにそういうことがある。

                                            ちょっと、別の席で書類を読む。でも、新大阪からは席は満席。

自分の席に戻って、爆睡zzzz!  気がついたら新横浜。P1000318

東京駅に着くと、山手線も終電に近いということもあり、酔客で満員。混んでるなぁ・・・。

今日は七夕じゃないですか。本当に「ドタバタな七夕でバタンキュー」な一日でございました。(笑)

帰って、明日の準備・・・。
何とか日帰りでこなしてきたのですが、それは明日の東京での仕事のため。
少し身体を休めたいのですが(泣)

とりあえず、いま仕事を終えて急いでバタンキュー!

明日も朝顔が楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

咲いた!

Photo_20咲きました、朝顔の花。
ついていた2つの花が、朝になって大きく開いてます・・・。

うーん、綺麗だな。

梅雨が明けした本格的な夏の朝に、もっとたくさんの花が開くのが楽しみだ。

さて、新幹線に急ぎますか!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝顔市

東京、夏の風物詩・・・・『入谷朝顔市』が始まりました。

今年は少し前から意識していたので、チャンスを見計らっていたのです。
仕事を終えての自分の時間。スイッチをOFFにする大切な時間。(笑)

で、今夜立ち寄ってきました。P1000304_1

俺にとって「朝顔市」は、想い出の場所でもあるのです。
久々に行った朝顔市・・・言問い通りの「入谷朝顔まつり」、合羽橋の「下町七夕まつり」の同時開催。

                                                                     

地元の人にとっては、本当に根付いた「夏祭り」なんでしょうね。

日光街道から見た、鬼子母神側の左車線は「朝顔の露店」 右車線は「縁日の露店」が分かれて並ぶところは、合理的で、分かりやすいです。

若い子達や腹ペコ系は右車線。朝顔を見たいなら左車線ってことで。P1000305

写真は入谷鬼子母神の境内への入り口。
この左右に、朝顔の露店がズラリ並んでます。

朝顔の種類も色々で、珍しい茶系の「団十郎」、ちょっと小さめの花が可愛い「ききょう朝顔」、つるが下に伸びる「しだれ朝顔」。

昔ながらの「あんどんづくり」が断然多い。でも様々な朝顔が・・無茶苦茶綺麗です。でも、朝に行ったほうが絶対綺麗でしょうね。当然ですが。

                                                           今年は「オーシャン・ブルー」なんて西洋朝顔も売られていました。TVでみのもんたが紹介していたらしいのですが(店のお姉さんが、そう言ってました:笑)P1000307_1

色々な朝顔を物色して、結局オーソドックスな大輪4色を買ってきました。白色の花が入っているものを選んで。
(白色の朝顔は根元の茎部分が緑色してるんです。濃い色の花が咲く茎は、大体茶色っぽい)

相場は大体が2,000円。団十郎が3,000円。小さなしだれ系などは1,000円台。ここ数年は同じですね。P1000308

毎朝、花を見るのが楽しみだなぁ(嬉)

夜にちゃんと水やらなきゃ・・・。可愛いなぁ「朝顔」。

「入谷朝顔市」行けてよかった。皆さんもどうです?
8日までやってますよ。

今日は七夕だなぁ・・・。

                                                      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

昼の活力 夜の涼感

昨夜から、昼飯は『鰻』と決めていました。
(いつも書込みいただく、無芸大食さんのブログの影響なのですが:汗)

P1000298

で、昼飯は鰻・・それも、うな重ではなくて『うな丼』。
うな丼のほうが、パワーがつきそうじゃないですか?

新橋「登亭」ですけどね。時間によっては外まで並んでます。

でも、侮れないんです。銀座で1000円で食べられるうな丼・・銀座に美味い店は数ある中で、店のつくりは安っぽいし、出てくるのも早い。でも、時間の無い俺は、この「登亭」結構気に入っています。そして、庶民的な価格でこの味。偉い!百貨店に勤めて居たことがある俺ですが、「登亭」は食品フロアの名店街にもよく入ってますよね。創始者が、安い庶民の鰻を提供するために、企業努力を続け、『鰻』の大衆化を図ってきたんだそうです。(昔、登亭の人から聞いたんですが)すごいもんだ。

ということで、お上品な美味い店は、夜のゆっくり出来る時にね!
江戸っ子は昼飯食うのが早いのです。寿司も一緒ですが。(笑)うーん満腹。

夕飯は、またまた銀座。

商談帰りに銀座方面に歩いていたら・・『盛岡冷麺 ぴょんぴょん舎』の看板が!
んんーー?なんと銀座の裏路地に「ぴょんぴょん舎」がオープンしていたのです。P1000299

こりゃ、入るでしょう!って訳で、並びました。
凄い狭い路地にある店で、看板と人の列が無ければ、見逃してしまうところです。

約10人が並んでいます。
でも、俺が並んでから続々と・・すぐに30人位の列。
ですが、俺は一人。なんと二人組みのお客さんを何組も飛び越して先に入店。
すみません、皆さん。   ラッキー!P1000300 P1000302
盛岡の地ビール「ベアレン」で喉を潤す。待つこと数分・・出てきました『冷麺』。

                                      透き通ったこの麺が「ぴょんぴょん舎」の特徴ですよね。シコシコとツルツルな、この麺。

東京で食べることが出来るとは思わなかったです。東京進出1号店だそうで、6月の初旬にオープンしたばかりだそうな。歩いてみるもんだ。
(でも、いつも歩いているとこなんですがね:汗)

夏の鰻と冷麺・・昼間のパワー、夜のさっぱり。

銀座の昼飯、夕飯のひとコマ。
明日はまた、広島に日帰り決意の出張でございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

大統領新店 (上野)

今日はトラブル続き・・・凹んでます。
朝から色々な事が重なり、いま最終商談が終わり、電車で移動しています。(泣)

こんな日は、ちょっとビールでも飲んでしまいたいところですが。
というわけで、上野にある『大統領』のご紹介。

この店は上野ガード下の老舗。多分、上野アメ横に立ち寄ったことがある人なら、見たことくらいはある店です。P1000296

その『大統領』が新店を出して、どれくらいだろう?
確か、「大統領・新店」ってライターを貰ったはず・・
ちょっと前は良く行っていました。が、最近は上野方面に寄る事もなくて・・。

でも、先だって、仕事関係の人と逢うために上野へ。寄ってきました『大統領』。P1000252_2

新館は倍の大きさに増床されており、店内には有楽町のガード下と同じく、女性客も多い。

確かに、もともとある旧店より、綺麗でトイレもあるし・・(笑)
※旧店にはトイレがなく、パチンコ屋のトイレ使ってました。

ここに来ると注文するのは「煮込み」「牛テール焼き」「塩らっきょう」「里芋」

その4点がいつもの定番。P1000250
美味いです。これに酎ハイでキマリです。

ここの煮込みは馬肉を使っているのですが、知ってる人は少ないのです。臭みもなく絶品です。

というわけで、電車の中で妄想するのでした・・・・(泣)

んぐっ、んぐっ・・ぷはーっ!ってしたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

nakata 

※誤解を与える表現があったっため、加筆修正を加えました。m(_ _)m

ニュース速報で知りました。
中田英寿選手が日本代表だけでなく、現役を引退します。2006070304562530jijpspothum001small

色々な見解はあると思いますが、日本のある程度の人は・・・試合終了の後に、スタジアムの上に広がる空を見上げていた中田選手を見て、思ったはずです。

「辞めるんだろうな。」

ジダンも辞めます。それを公言していましたから。
そのフランスは4強です。ドイツも神憑り的です。しかし、フランスのそれはジダンの引退以外の事件もあって、感動的なストーリーとして取り沙汰されています。

では、日本はそう出来たでしょうか?もし、中田が辞めることを知っていたら。
タラレバは良くないですよね・・・。

しかし、そんな事はいいんです。

サッカーを愛し、意志を貫いた男が去っていきます。
あなたは何を感じ、何を思いますか?

素晴らしい生き方を、年下の彼から教えてもらいました。
(賛否はあるでしょうが、侍のような孤高さが好きです。それも生き方のひとつだと・・)

彼も人なり、我も人なり・・。彼は世界的な人間です。
しかし、彼も俺も同じ人間です。

諦めて、彼と俺とは違うなんて思いたくありません。
人は素晴らしい生き物です。ひとりの考えを、色々な人間が共有できる。
そして、社会も変化します。

中田英寿。
彼はこれからも、自分探しを続けるようです・・・

http://live.sports.yahoo.co.jp/hide_message_text.html

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年7月 3日 (月)

新しい相棒③

犬吠崎から、九十九里沿いに南下することにした。

銚子なんて、本当に久しぶり。

行く先を見ると、風力発電の巨大風車が建ち並ぶ。凄いなぁ。
夕日に聳え立つ風車群・・・P1000290

ドン・キホーテが見たら、どうするのだろう?

最近、日本にも風力発電の風車群は珍しくないようだけれど。目の当たりにすると圧巻だな。

                                                               南下を続け、夕日の美しさに、胸が打たれた。P1000291

雲間から覗く青空と、雲に反射する夕陽。

暗くなってきた街とのコントラストが幻想的だ。

自然の中にはイマジネーションがある。
                                                 

                                                               それを感じる事が必要だし、その中にあるエネルギーを身体に感じる。
そして、それが身体に入ってくるのを感じられる。
そんな時間をこれからも大切にしよう。

枯渇しがちなアイディア。
殺伐となりがちな気持ち。

ただ、五感で感じる自然・・・それが、こんなにも俺に何かを言ってくる。

具体的な活字でも、言葉でも無い。
しかし、何かが湧いてくる。チカラだ、チカラが湧いてくる。
自分自身の今も、少しずつ見えてくるようだ。P1000289

新しい相棒と一緒に走った海沿いの街。

本当に大切な時間だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新しい相棒②

強風の中、犬吠崎に到着。P1000278

灯台と荒波の海・・・少し涙が出そうだ。
時間も少し遅いし、シーズンには未だ早いので、
人は疎ら。P1000286

                                         本当にすごい風で、
シャッターを切る手が揺れるほど。

遊歩道を岩場まで歩いていくことにした。                                      

        

P1000282P1000280犬吠崎の名前の由来が義経にあるとは知らなかった。
子供の頃、遠足で来たのになぁ?

初日の出見物は有名で、元旦の日の出は凄い人出らしい。
今度来て見るかなぁ・・。

白亜紀の堆積物層なんかも保存されている。

P1000284

P1000283

結構、ちゃんと生物化石なんかも見れたりする・・ふーん?面白いじゃない。

                                 

                                    

遊歩道とはいえ、目前は荒波!ちょっと怖い。P1000285_2

                                                        波しぶきと強風で、更に怖い。
聞こえる音は、風と波の音だけ・・・

少し波しぶきを見て、じっと立っていた。すげぇな海。

ずーっと向こうまで広がる海。白亜紀から残る岩。
叩きつける波。人間なんて小さいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

新しい相棒①

今日は新しい相棒がやってくる日・・・新車の納車日だったのだ。
徹夜続きの疲れた身体も、昨夜の睡眠で回復。
色々な用意(譲渡書類なんか、書いてる時間無かったので)をして家を出る。

9年近く乗った車とも今日でお別れ。P1000268_1

プライベートでも仕事でも、大きな荷物を頑張って運んでくれたタフなやつだった。 本当に頑張ってくれた、ご苦労さま。
ありがとう・・・。

                                               
ディーラーで待っていた「新しい相棒」は<TOYOTA Isis PLATANA>P1000272_1 P1000271

ブラックボディの精悍なヤツ。
まだまだ国産車で・・・(笑)

                                                    

                      
お世話になっているディーラーさんが千葉にあったことから、馴らしも兼ねて海に向かうことに・・・。P1000273

本当に久しぶりのドライブ(嬉)

東関東自動車道を東に向かう。水郷佐原を過ぎ、
利根川を渡り、潮来へ。
雨が降ったり止んだり・・の天気も、その頃には上がって雲も切れてきた。

                                                          潮来で降りて、昼ごはんに九州ラーメンの店に入る。P1000274
不思議な店だったなぁ(汗)味はともあれ。
地元の人も結構入っていて、まだ新しい店のようなのだが、半分居酒屋、半分ラーメン屋みたいな。次々入ってくるお客の中には、昼間っから飲んでいる団体も。

車に戻り、犬吠崎を目指すことに。

波崎海岸を過ぎて、更に利根川を千葉方面に戻り、銚子に入る。

風が強い・・海間近の利根川はうねっている。銚子大橋の上は怖かった(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »