« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »

2006年7月 1日 (土)

ヒロシマカンパイ

5時間のプレゼン。終わった・・・病み上がりの一週間。

走ったなぁ。

何とか本日中に東京に帰れそうなので、一安心。
いつもの新幹線名店街で、一息いれました。

今日は「お好み焼き」を食べる程ではなかったので、
瀬戸内の『小いわし刺身』と『牡蠣の鉄板焼き』を注文。
待つこと数分・・・・。P1000266_2

広島のお好み焼き屋でも一番の大きさ、と言われる鉄板で牡蠣を焼き上げています。いい音だ。

見ていると、お好み焼きも・・という気になる(笑)

まずは、良く頑張ったので、独り乾杯!

そして、『小いわし』登場!P1000261_1

瀬戸内といえば・・・の味ですなぁ。

美味い!

以前、福山で友人に逢った 際に連れて行ってもらった店の小いわしは、すんごい山盛りだった。

そして、『牡蠣の鉄板焼き』が時間を掛けて丁寧に焼き上げて登場!P1000263

香ばしい匂いに食欲もそそられますねぇー。

美味ーーい!!ほんと美味い。

身の大きさと言い、焼き加減といい絶品っす。
醤油ダレが鉄板で焦げて、牡蠣の表面にカリッとくっついて。

ふう、美味しかったなぁ・・・。ごちそうさま。

車中の人に・・・P1010024_2 爆睡。

気づいたら、京都。
今度、京都にも降りてみようかな?
(なんかこの写真、コマーシャルっぽい)

広島出張は大忙しでしたが、
終わりよければ・・ですよね。

お疲れ様でした。

因みに「広島完敗」ではないです。プレゼンは負けてはいませんから(笑)
広島乾杯っ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

突っ走る!

会社の仲間達のチカラを借りて、仕事の山をやっつける。

P1000256

飛び出す!走る、走る!

地下鉄の駅で、ちょっと待つ・・・ふぅ。

西日暮里で山手線に乗り換える・・

発車のベルが鳴っている!滑り込む。                       おぉぉ、グッドタイミング!P1000255

山手線車中。給料日後・・・金曜の夜。
電車の中には、酔客は少ない。
宵の口だし、これからなんだろうな。良かった。

東京駅。まだ空いてる時間だ!でも、人は多いなぁ。

走る!走る!

P1000254

新幹線ホームへ、階段を駆け上がる!

ふぅ・・・間に合った。
零細企業はこんなもんです。(笑)

企画書の束の重さに手を腫らし、
梅雨の蒸し暑さに汗をかき、
そして、終電に乗り込むのです(汗笑)

                                       

P1000259

ふう。暑いっつうの!新幹線ホーム。
席について一息。   

車中には夏休みの学生なのか?
大きな声で話しまくる女の子。
酔っ払いのオジサン達。

「お友達と旅を楽しむ皆様・・・車内にはお休みになる方、お仕事をされる方、色々な方が皆さん快適で居られるよう、ご協力をお願いします」って車内放送を始めて聞きました。JRの車掌さん、解ってるねぇ。偉い!

ちょっと睡眠。そして資料を読む・・・。広島着。P1000260

ホテルに着いて仕事を始めます。
明日の仕事がうまくいくように。

この業界、ニーズは様々。
そしてクライアント自身が課題を正確に掴んでいることは少ない。

ひとつひとつの仕事にはこだわりたいし、120%の気持ちで応えたい。

そこに応えられる人財であって欲しい。そして自分もそうありたい。
そして、そんな人間の集まる企業としても。

今日はみんなありがとう。明日のプレゼンは頑張ります。
(もう、今日だけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

ワンハンド

ワンハンド

最終広島行きに乗るためにバタバタのプレゼン準備。
飯食う間も惜しくて、片手飯。
この記事も携帯から片手で投稿。

明日のプレゼンを乗り越えるのだ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

あきません。

関西弁ではありません。
れっきとした標準語です。

漢字で書くと「空きません」です。

トイレが・・・・。

プレゼンの合間に一息ついてます。
昼飯食べるほどの時間が無いので、アイスカフェラテ飲んでます。P1000253_1

店に入ってすぐに行きました。

空いてません・・・

メールの確認や電話して行きました。

空いてません・・・

ブログの更新画面を起動させてる間に行きました。

空いてません・・・

カフェラテも飲み終りました。

空いてません・・・

これは、めぐり合わせが悪いんでしょう。もうずっと空いてないんです、きっと。

今週は復活してから、突っ走ってます。(笑)
でも、身体には気をつけているので大丈夫・・・かな?

ちょっと、見てみよう。

空いてません・・・

さて、店出ますか。(泣) あきまへんなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ごめんなさい

先だってのblog記事において、コメントが受付けられない状況になっておりました。
コメントもらった方々すみませんでした。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

キンコーズ

キンコーズ

都内のキンコーズで、移動の合間に企画書づくり。結構役に立つ。さてダッシュ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

元気つけていこうぜ!

WBS(ワールドビジネスサテライト:テレビ東京)では、百貨店の売上が6%強増加に対して、食品SMの売上は▲2.2%と報じていました。松下電器では社員に5万円の感謝金を賞与に上乗せすると発表。業種業態での環境格差はあるものの、いいところも出てきています。高額品消費も活発になっていますから、景気は上昇基調なのでしょうか?元気になってきたかな、日本。

当社の業務領域は、クライアント企業の情報を扱うことも多く、企業間競争を支援する業務特性から、表に出せないことが多くて、仕事の中身をオブラートに包みながら、表現しなければならないのですが、各企業共に業績は上向きに向かうのでは?といえる感触です。

ということで、何日間かの病気休養も忘れるくらいの劇的忙しさです、今週は・・・(苦)

しかし、それも仕方ないでしょう・・・無理は「出来るくらいだけ」にしますけど。
やらねばなりません。P1000246_1

ということで、夕飯をちゃんと食べて頑張ります。

『牛角食堂』でしっかり晩ごはん。
牛角のレインズインターナショナルではTBSドラマ「輪舞曲(ロンド)」とのタイアップで<石鍋ズンドゥブチゲ>の「姉妹(チャメ)」を展開していたりしますが、焼肉、鉄板、ビビンパ、チゲを中心にした定食屋です。http://y-ohtsu0318.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_0cba.html

コンビニ弁当ではなく、ご飯をしっかり食べようと思って外に出たのですが、打合せやら何やらで出たのも遅く、やってる店もラーメン屋とか居酒屋とか・・・。ファミレスも「うーん」という感じだったので、駅近くの牛角食堂まで歩いたのでした。P1000244_1

注文は「豚豆腐チゲ定食&海鮮チョレギサラダ」。

サラダは付いてるんですが、もうちょっと野菜と海草も欲しかったので、プラス100円で変更。カウンターには「魔法のふりかけ」なるものが置いてありましたP1000245
なんだか興味が湧きますよね?

P1000243グッツグツに煮えた「チゲ」・・食欲をそそります。でも、猫舌なんです俺。かなりの。(苦笑)
魔法のふりかけ・・何味?これ?でした。
焼肉のたれ風でもあるし。

うーん満腹だぁ。ちょっと刺激が強かったかな?病み上がりには。
玉子が付いていたので、刺激は少なくなったけど。ちょっとご飯残しました
(ごめんなさい)

P1000247ご飯を済ませて、仕事をしております。

酸素ボンベを机上に置き、万全です(爆笑)
冗談です、ごめんなさい。

さあ、明日のために頑張りましょう。

                                                       今夜はブラジル戦で、ロナウドのワールドカップ最多得点がかかっていますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

折れない心

皆様、<お見舞いならびに励ましのメールやコメント>をいただき、ありがとうございました。なんとか本日より、復活致しました・・・。

仕事関連でお世話になっております方々、ご迷惑をお掛けしました。
丁度、週末にかかるところから、思わぬ連休になってしまいましたが。(苦笑)

色々と自分自身の体調管理、業務姿勢、運営方法、スケジュール管理についても考えさせられる数日間でした。ちょっと考えられない労働時間や、睡眠時間。
自分だけは大丈夫、やらなければ仕方ない・・・という感覚。
(それがいけないことは解っているんですが)そこが全ての過ちの根源です。

本当に反省しています。

前にも書きましたが「自分が居なくても、会社は動いている状況」が出来なくては、失格です。そして、それでなくては組織ではありません。

ブラジル戦の日本代表をビデオで観た俺ですが、何だかそこにそれを感じました。
たまたま、自分や企業としての位置づけを考えていた矢先でしたので・・・・。Photo_30

ブラジル戦終了後、中田英寿はピッチに倒れこみました。そして、泣いていました。

ジーコはベンチから選手へ声を掛ける事なく立ち去りました。

選手達はスタンドのサポーターに感謝を表しました。
しかし、同じ選手達も中田に声を掛けるものは居ませんでした。
一緒に同年代として戦ってきた、戦友宮本を除いて。

その出来事が、今の日本代表を象徴する場面だったと思います。
中田は何を言いたかったのでしょう?ジーコは?選手達は何を思ったのでしょう?

色々なご意見もある中でしょうが、俺なりに思った事です。

中田は別格・・他選手皆がそう思い、自分達はそれ以下「だから仕方ない」と、自分達に諦めを持って居なかったでしょうか?言い訳してなかったでしょうか?
口では言っていましたが、本当に倒れるまで走ったでしょうか?

そして、ジーコは世界基準のプロ意識を必要とすることを、プロの言葉で表現しました。

今日の退任会見でも「フィジカルの差」を強調していましたが、「仕方が無い」という動物学的な前提を除けば、本当に必要なことであり、今現在は無謀とも思える事でも、その高みを見続けなければ、そこには行き着きません。言い訳がましい・・確かにそうともとれますが、本当に追求することに貪欲であれば、恥ずかしい言い訳を言葉にしてでも「なりふり構わず」行くと思うのです。不言実行を美徳とする、日本人的な感覚ではありませんが・・・。
(ロナウドが私のチームのFWだったら・・という発言には苦笑しますが)

中田・・倒れるまで走ったのでしょう。(ある意味ポーズだったのかも知れないけど)
いや、語ることなくそれを問うたのかも知れません。
しかし、そこでも中田は別格のレッテルを貼られてしまう。

最後まで走れなかった中村。マークが甘くなってしまった中澤。
1対1で競り負けてしまう粘りの無さ。
個人的にどうのこうの・・・ではありませんが、チカラの限り戦えたでしょうか?
走れなくなってしまう日本代表。点を取られて走るための気力を失くしてしまった日本代表。感傷に浸っている時間無く、敵は攻めてきます。それが戦いなのに。
その緊迫した環境において、初めて「本当の経験」が活きてきます。そして「気持ち」です。

監督はサッカーの神様。ピッチでのリーダーは世界屈指のプロ。
その二人との差・・・それは、「自分達でなんとかする」意識だと痛感しました。
そして精神的な強さ、貪欲さ。かっこ悪くても頑張る心。

『折れない心』

確かに戦術での甘さ、ピンチになった時に立て直すためのパターンを持っていなかった事も要因だとは思いますし、戦力的な要素、交代のタイミングなど、いろんなファクトがあってのことなのですが。(そこは、あくまで俺の感想ということで)

言葉や知識はいくらでも手に入る現代ですが、実践での体験だけが「血となり、肉となる」と思っています。超実践派であること。
その中で育った本当のチカラしか、本物では無いように思います。
実践力なくして、その世界で一番になることは出来ないのですから。

「本当に全力を尽くして、最後までやれたのか?」

そこの総括なくしては前に進まないでしょう。そして、今の日本代表の心の強さも上がらないと思います。

しかーし、そんな中で「最後まで頑張りましたよね」と中村に慰め口調で聞いていたアナウンサー・・・。何聞いてんだよ!特にNHKの今回の日本代表を放送する際のコメントにはうんざり。

中田の「話聞いてました?」のコメントが象徴しています。あの場面で中田にその言葉を吐かせるアナウンサーの技量ってどんなもんなんでしょう。

ということで、まずは俺自身の事を磨きながら、自分の立ち位置を考えてみたいと思います。
出来れば、折れない心を持つ「自分達でなんとかする」奴らと同じ場所で一緒に戦える事を意識しながら。

この試合を見ていて、ある出来事を思い出しました・・
以前所属していたサッカーチームで、イラン人チームと戦う機会があったのですが、完敗。その相手チームには、元イラン代表の選手なんてのも居たんですけどね(笑)相手チームのプレーヤーに「日本人はボールに執着心が無い。取られても良いと思ってる」と言われました。「我々は死ぬ気でボールを追うよ」とも。草サッカーだったんですけどね、区リーグの。

日本男子頑張らないと。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »