« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »

2006年6月24日 (土)

佐藤錦

佐藤錦〓

少しずつ復活してます。
ご心配のコメントやメールをいただいた方々、本当にありがとうございます。

山形の佐藤錦も旬を迎えてますね。上物はキリがありませんが、庶民価格の初物さくらんぼを「チョビチョビ」いただいています。美味しいですね。

間もなく完全復活します。熱くて、俺様なネタで…その時は宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

天井の感知器

天井の感知器

訳あって、昨日から天井を見上げています。こんなに天井を見たのは、子供の頃以来かも。田舎の祖母の家で寝転がって、天井板の節や木目を見ていたのを思い出しました。 と、云う訳で…この週末は、更新が思うように出来ないかも。
来ていただいた皆さん、ごめんなさい。

ネタを蓄えておきますから・・・(笑)

携帯より更新〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

うちなーんちゅ

社内の人間から送られて来るはずの資料を待っている。
少し、仕事への甘い考えや、意識の低さが目立つ。そのあたりの事に関しては、ビジネススキル以前の問題であって、考えものだ。環境のせいにする年齢でもない人間のモラルや意識は、頭が固くなっている分、自分の強い意志が無ければ変わらない。
意識改革なんて綺麗事ではない、自己意識の持ち合わせが必要なのだろう・・。

甘えの構造の中の自由という名のゆるさと、自己責任を果たした上での自由という名の権利は違う。その辺を履き違えることの無い人間であって欲しいし、そんな人材でなくては困る。

いい加減最近愚痴じみてるので、これ位にして・・・

Sake

緊張を弛めるために、ちょっと一杯。

とりあえず、各種取り揃えの冷蔵庫上から・・・
今日は「ジャック・ダニエル」にすっかな。

ロックアイスもあったし、ロックグラスで。Jd                             

                                           この前読んだ沖縄の本を思い出した。

沖縄の酒類消費量は東京についで、全国2位。3位は大阪。県内の消費量は99年の調査では11万8505キロリットル。
50メートルプールにして75杯分。成人一人当たりの年間飲酒量は124リットルで、なんと沖縄の人たちは1年間で中ジョッキ248杯飲んだ計算になる。

しかしこれは、県外からの旅行客も含めて・・ということなのだが、東京の1位も同じことが言えるだろう。

<うちなーんちゅ>は酒に強い。それには生物学的見地以外にも学説的理由があるという・・・
飲酒による酔いと気圧には密接な関係があって、気圧が低い地域ほど酔いが回るのが遅いという研究結果もあり、加えて、暑い地域では更に酔いが回るのが遅くなるらしい。

沖縄は亜熱帯で低気圧であることが多く暑い・・即ち酔いづらい、ということなのだろう。

また、<うちなーんちゅ>の夜(飲酒時間)は統計的にも長い。飲み終わり(お開き)の時間も、全国平均より2時間ほど遅いらしい。総務庁統計では午前1時~1時半の深夜に起きている人の割合は全国7.5%に対して沖縄が11.1%。そのほかの全ての深夜時間で全国平均を上回っている。それには鉄道が無く、終電を気にしない・・という事情も一因。

<うちなーんちゅ>の酒好きには、自然条件と、旧国鉄が無かったという特別な社会環境が大きな要因になっているということなのだ。

最近、沖縄への憧れからか、沖縄関連の情報に触れる機会が多い。
沖縄の3文字名字の理由とか、石敢當の意味とか。

それについては、またいつか・・・。

深夜ここまで待っておりましたが・・哀しい結果。
頑張ってくれたであろう人間も、これでは意味が無い。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

人の種類

よく言う「仕事の結果の出せない理由」・・俺は3つに大別できると思っている。

①やる気がない。
②やる気はあるが、やり方が解らない。
③やり方も解ってはいるが、そのやり方が悪い。

その中で、日本人的に考えれば③はまだ良い、②は仕方ない、①は駄目。
という事になることが多い。(あくまで多い・・というニュアンス)

しかし、俺はそうは思わない。
③②も結果が出せていないことは同様であり、もっと考えれば、①であるがゆえに③②の理由を口にすることが多いからだ。

シビアに言葉だけを追えば、「悩んでいる」という言葉を多く吐く人間を、俺は信用しない。

本当に考えている人間は「悩みはしない」・・「迷う」ことはあっても。

悩んでいるという言葉で、全てを括ってしまう人は「悩んでいる自分」を表現する時に「悩んでいる」という言葉を良く使う。俺からすれば、それを真剣に考えることをせず、「わからない、わからない」と言って回っているようにしか思えない。

冷たいようだけど。

そんな人の中に多いのは、「どうしたら良いでしょう?悩んでるんですけど」と、意見を求めてくるのに、自分の考えに同調していない意見を聞くと、「でも・・」という。

「じゃあ、聞く前に答えがあるんでしょ?」と答えてしまう。

「こう思っているけどどうでしょう?」「これは出来ないけれどコレなら出来ます。」くらいの意識は欲しい。

でも、出来ない人が多い。いや、やらない人が多い。

やろうとする人、やらない人、出来ない人。
何にしても「やろうとする人」でなければ始まらない。
頭の柔らかい、やる気のある、自分の腹の中に世の中を呑み込んでいるヤツ。
世の中に呑み込まれているのでは無く、自分の中に世界観のあるヤツ。

そんな人間でありたいし、そんな人間と仕事をする世界で戦いたいものだ。
少し前にEQなんて言葉が流行ったが、まさにそんなところなのかな?

ファミレスでの食事・・今日の仕事も出ずっぱり。暑かったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけ麺(天満堂)

夕飯にラーメンを食べたくなって、御徒町の<天満堂>に行った。P1000211_2

一度行ってみようと思っていたのだが、この辺りはラーメン激戦区。いくらでも入ってみたい店がある。

「京都銀閣寺ますたに」の流れを汲む店ということで、九条葱のトッピングなどもある。

P1000212_1

注文したのは「つけ麺」。ベーシックなものにした。
黒つけめんという表記もあって、少し黒っぽい。

つゆは甘辛って感じで、背脂はなし。普通のラーメンは背脂たっぷりだった・・隣人の頼んだものを見ると。メンマとチャーシューは別盛で出て来た。

レッドスターつけ麺なんてのもあって、パンチのある辛味がウリらしい。
ちょっとパンチの効いたものに勝つ体力もないので、今日は普通で(笑)

好みはあると思うので・・「好き」か「嫌い」か?でコメントすれば、俺はもっと好きなラーメンがある・・という感じ。あくまで、好みですから。

スープ割りにした時には、鳥ガラ&魚系の旨みが更に強くなって美味しかった。

体調もイマイチだったから、もう一回行かないと失礼かも・・m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

午前零時の溜息

日曜・・疲れがピークを迎えていた。
土曜夜に広島から戻り、朝方までに仕事を済ませ、泥のように眠った。
広島泊も考慮にいれていたので、予定は空いていた。助かった。

起き上がれずに午後まで眠った。雨の音だけが聞こえていた。
午後起き上がり、届いているメールなどに目を通し、業務処理。

夜、招かれていた、サッカー観戦パーティーもキャンセルして、自宅観戦。
きっと、夜の街は「サムライブルー」一色だったに違いない。

川口のナイスセーブには連戦感動!・・だが・・取れない、点が取れない。
午前零時ごろ、日本は一瞬の静寂のあと、溜息に包まれたことだろう。

ブラジルはオーストラリアの堅守に手間取ったが勝利を手にした。
一次リーグ突破を決めた、ブラジルとの最終戦に希望を残したものの、日本は崖っぷちだ。

今日の東京は梅雨の合間の晴れ。暑い、夏そのものだ。Photo_28 空は青い。

移動中に、遅め?の昼飯。
明日は急遽青森、金曜は再び広島へ・・それ以外の日程は朝から晩まで埋まっている。

今週も泣ける日々が続きそうだ。
俺も崖っぷちかも(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

帰京

朝から8時間に亘るミーティング。結構ハードだったなあ。P1000220_4

本来は宿泊も念頭においていたのだが、何とか帰れる見込みも付いたので、広島駅に向かう。

いつもの「新幹線口名店街」・・・

厄介な案件の電話連絡を済ませる。

そして、恒例の<お好み焼き>へGO!P1000223

今日は<高砂〇>(高砂丸)で「肉玉そば入り&牡蠣焼きセット」そして「生ビール」!

広島の養殖牡蠣の時期ではないが・・・でも美味い。
ささやかな楽しみ。独りで乾杯。
今日のミーティングも何とか成功。気持ちも緩む。

ほっと一息ついて、新幹線に乗り込み・・・爆睡zzzzzzzz

京都まで、目覚めず。しかし、週末観光のおばちゃん達の声に起こされる(苦笑)
しばし、資料と本を読み続け、東京着。

会社に戻ってきた。独り。
でも、少し落ち着く・・・。やっぱりここが、俺の居場所なのかなぁ?(微笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »