« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »

2006年6月17日 (土)

Cafe Break

仕事を終えて少し寝る・・・その前に、スイッチをオフに切り替える。P1010024_1

部屋に置かれているカップ。
これを持ってエレベーターホールの前に行く。

P1010025_5

                                    セルフでコーヒーマシーンからコーヒーを注ぐ。

好きな飲み物がいくらでも飲めるのは、眠気覚ましにも本当にありがたい。少し部屋を出て、コーヒーをいれに行くだけでも、結構息抜きにもなっているし・・。

P1010026_4

                                                            さて、飲んだら寝るか。

明日(今日)も勝負だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

のぞみ75号 広島ゆき③

打合せを終えて、タクシーで東京駅に向かった。 P1000222
東京駅前の横断歩道で降りる。
週末の7:30過ぎ、人だらけだ。

夕飯を買い込み、急いで新幹線14番ホームへ。
『のぞみ75号』。 いつもの広島ゆき最終。

P1000221座席に落ち着き、少し頭を休めてみる。
ふぅ・・・。頭が切り替えられない。

色々なことがあった今日一日、そして一週間。

思い返してみる。

                                                      最近の自分・・「チカラが落ちてる」と感じた瞬間。
これから先のビジネスモデルに、多少の不安を感じてしまう出来事。
自分の考えや、意志に反して動いてしまう環境。

少しずつ、睡魔が襲ってきた。

夕飯に買った弁当を、とりあえず食べた。今日は缶ビールも。
いつもはホテルでの徹夜に備えて我慢・・でも今日は、ショート缶1本購入。

P1000220_3
品川名物『貝づくし』弁当。

なんとなく、外を見ながら食べた。
そして、なんとなく思う。

「東京・・自分のチカラが残っているうちは熱い街だが、チカラを失くした時には辛い街なんだろうなぁ・・堕ちるのも早そうだ。」

いつ食べ終わったのかも定かではないまま、眠ってしまった。

起きたら携帯にメールが入っていた。ヤツからだ。
夢に向けて行動しているヤツ。今日また、夢への一歩を手にしたようだ。
その思いを持て余してのメール。  熱くて、熱くて、希望に満ちている。

救われた。  前を向こう。

まだまだ、俺も救われてる。やらなきゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

金曜の憂鬱

ドタバタだ。週末なのに・・・(週末だから?かな)

P1000214

この後、夕方から大手代理店で打合せ。
そして、最終の新幹線で広島に向かう。

花が咲いてるのに、ゆっくり見る間も無く走る。

雨降りで、傘が煩わしい・・・。

                                                             

今週も、週末返上でお仕事です。(苦笑)     さーて、ドタバタドタバタ・・・

※カウンターの調子が悪いので変更しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

ドイツ2連勝の朝

ドイツがロスタイムに得点。いま2連勝を決めた。

開催国ドイツ、意地の得点。足裏でのシュート・・・1-0だ。

仕事をしながら音声のみ聞いていたが、アナウンサーの絶叫に画面を見る。

徹夜仕事でも、かろうじて楽しみがある1ヵ月間 (笑

そういえば、日本VSオーストラリア戦のエジプト人主審は、誤審を認めたそうだ。
日本の得点場面のGKへのファールについて。
でもFIFAは、別のシーンで日本のPKがあるべきだった・・それも1-1で駒野が倒されたシーン。と、これも誤審発表。そりゃないだろって感じだ。
審判も質を問われるW杯。
サッカーが原因で、へんな国民感情が生まれなきゃいいけど・・と思ったり。

今日も朝が来たなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トマト丸かぶり

夕飯に蕎麦茶とトマト。時間も遅いので、それだけです。
でも、トマトには「小笠原の島塩」をかけて食べます。美味いです。P1000216_1

何だか、夏って感じ。

冷えたトマトをにかぶりつくと「じゅるじゅる」ってなりますが、そこがまた良いのです。

島塩はクリスタルの粒のように、結晶が荒いのですが、優しい甘味のある塩です。

透明度の高い小笠原の海水を平釜で煮詰めて、小笠原の強烈な太陽と風で丁寧に長時間乾燥させた「天日塩」だそうです。P1000215

実は、お土産で貰ったんですけどね(笑)

冷えたトマトに塩かけて、ガブリ!
そして、蕎麦茶をゴクリ!
風呂上りの夕飯にはぴったり。

徹夜仕事のエネルギー補給です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

雨ニモマケズ

皆さんも良く知っていますよね。宮沢賢治のこの詩・・。(ちょっと長くなりますが)

雨ニモマケズ Photo_26
風ニモマケズ 
雪ニモ夏ノ暑サニモマケズ
丈夫ナカラダヲモチ 
慾ハナク 
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト 
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンヂャウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニソウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

この詩を遺書であると知っていますか?(一説によると・・ですが)

この詩は昭和6年11月3日に書かれています。黒い小さな手帳にメモの形で書き残されていたもので、賢治の死後に弟の清六によって発見されました。

その手帳は大きな茶色のトランクに入っており、同じトランクからは両親宛の遺書、弟や妹へ宛てられた遺書も発見されています。
賢治が死ぬのは、実際にこれを書いた二年後ですが、この手帳の2頁目に「廃軀ニ薬ヲ仰ギ、熱脳ニアヘギテ」とあり、賢治はこれが最後と思って、手帳にこのメモ書き残したと・・。即ち、病床での悲願自戒の詩であり、遺書であるといわれています。

この詩の終わりの部分「ワタシハナリタイ」の字句が書かれた、左頁一面に「南無妙法蓮華経」と大書きがあり、その文字を囲むようにして経文がぎっしりと書き込まれています。

本来はその「南無妙法蓮華経」まで読みすすみ、賢治の本意を理解することが必要なのかも知れません。

それらを知ってから、この詩がもっと好きになりました。

また、「ヒデリ」とある表記も手帳では「ヒドリ」です。この件も「旱魃」の自筆ルビの修正などから、賢治は「ヒデリ」を「ヒドリ」と間違える癖があったとして、「ヒデリ」とされています。

これもどうでしょう?色々な説があります「ヒドリ」は「日取り」。日雇いの賃金のことだ・・とか、葬式の予定だとか・・。でも、文脈を読むと「旱魃」のヒデリですかね。

どちらにしても、この詩が賢治生身の独り言であったことに感銘を覚えるのです。

自分がどんな人間であるのか?正直にどんな人間でありたいのか?賢治の宗教観にも帰する部分なのかもしれませんが、俺はこの詩に心打たれます。

梅雨時期ですが 雨ニモマケズ・・・サウイフモノニ/ワタシモナリタイ。
でも、玄米四合って、結構食べますねぇ。宮沢賢治。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

都電荒川線

今日、得意先で商談中に『都電荒川線事故』の話を聞きました。追突事故?
何故、運転手が運転する都電で、追突が起こるのでしょうか?

原因は良く分からないですが、事故で怪我をされた方々はお気の毒です。
運転手が脇見した位では、ぶつかったりしないだろう。スピードだってたかが知れているだろうに。

俺は「都電の走る東京」が好きです。P1010024

もしかしたら、広島、長崎に導かれるのも、東京の都電沿いに会社を立ち上げたのも、何かの因果かも・・なんて考えたりもします。

路面を走る電車なんてあまり残ってないのに。

都電荒川線で『荒川遊園』という、裏を隅田川が流れる小さな遊園地?に行ったことがあります。小さな観覧車もあります(怖かったけど乗りました)。小動物もいます。釣堀だってあります。都電駅からの通りには、下町の駄菓子屋も、屋台のおでん屋だって。
酔っ払いのおやじも、自転車の子供たちも。話声のでかいおばさんもいます。(笑)

ね、すごいでしょ!?

都電荒川線沿いには、それぞれの町の色があります。
面影橋の桜、東池袋のサンシャイン60、鬼子母神の駄菓子屋、飛鳥山公園近くは一般道を走り、荒川遊園、町屋、バラがいっぱいの三ノ輪橋まで・・・。

色々な人が生活している、その匂いがあります。P1010025_1

そんな「都電荒川線」、最近乗ってないな。
今度休みが取れたら(半休でもいいな)、都電荒川線に乗ってみよう。こんな事故、もう起きて欲しくない。

荒川沿いを走る生活都電・・今日も走ってました。
会社に戻る帰り道、近くにある馴染みの居酒屋のオヤジに声かけられました「最近来ないねぇ、忙しいの?」って。そんな下町を走る「都電荒川線」なのです。

今夜も、もうひと頑張りです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

さあ、クロアチア戦だ!

20060612_0602_450_1俊輔のFKに反応した、柳沢と高原。良い飛び出しだ・・キーパーチャージスレスレの先取点。????入っちゃったよ。???(ルール変わったけど)

高原の体当たりのタイミングなんか絶妙。20060612_0603_450

日本が先取点。このW杯で先取点取ったチームがずっと勝ってるし、余裕でしょ。でも、何か得点チャンスに点が取れないな??

そして、GK川口はナイスセーブ連発・・
ビドゥカのFKにも素晴らしい反応を見せる。
わんだふぉー! 20060613_0608_450_120060612_0601_450・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・zzz
後半39分からのことは、覚えていません。

あまりにズルズルと崩れたことなんて・・。
勝ちました、いや、勝ったはずです。

日本国民の溜息が、オゾンホールを作ってしまったであろう事も、当然知りません。明日から紫外線には要注意です。皮膚がんにならないように。それも知ったこっちゃありませんが。

さあ、来週はクロアチア戦です!また、日本代表はやってくれるはずです。

きっとまた、素晴らしいプレーで魅せてくれるはずです。試合終了10分前まで。

昨夜の夢は変な夢だったなぁ・・・。
しかし、なんでそうなるの?日本代表。未だ機は熟していないのでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

大勢の眠気・・

電車の中で寝てる人が多い・・・男性サラリーマン達。Im00001417
いま、電車で移動しているが、向かいの席は4人中3人が寝てる。観ちゃったのねサッカー。

W杯の「経済効果」を良く言うが、生産性は低下しているのではないのでしょうか?(笑)

俺も昨夜は、メキシコVSイランまで観てしまった。
だから眠い。
徹夜仕事にも影響が出そうだ(泣)

今日は「日本代表」1戦目!!
夜9時50分にはテレビの前に、座れるよう・・頑張らねば。

この時期、近隣の家から歓声が聞こえる。みんな同じタイミングで!(笑)

頑張れニッポン!

そんな中、「原巨人」は生テレビ観戦を禁止したそうな・・可哀相に。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060606-00000016-sanspo-spo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

怪しい馬集め

時間があると、割と良く行く地元の店がある。
一見すると、怪しげなその店は、初めての客には入りにくいかもしれない。P1000206_1

中はアメリカンスタイル?のカウンターバーだ。
そこのオヤジ(オーナー)は、米軍ベースで働いていたらしい。
アリゾナに知り合いも多いらしく、毎週、現地のTV番組(音楽番組)をビデオ(ビデオってところが歳だな)に撮って送ってもらってるとのこと。

そこは『バーボンハウス』と名乗るだけあって、バーボンが豊富。

俺のボトルは<ブラントン>馬のボトルキャップで有名だ。以前の輸入品は、ラベルのナンバーも手書きで、一本として同じものは無かったという・・。
最近は日本での発売元が宝酒造になってしまい、そんな事も無くなった(のかな?)。
ただ、キャップの馬だけは変わらない。P1000205_1

そのキャップは<BLANTONS>のスペル8文字分、8種類あって、全部集めると、馬が走る姿が繋がるようになっている。
http://www.takarashuzo.co.jp/blanton/

そのキャップを集め始め、7個は揃った。が、あと一個が揃わない。
集めたキャップは皮紐で繋げて、ボトルネックにぶら下げてある。

店に来る人も、俺のコレクションが完結したかどうか?を尋ねていくらしい。かれこれ15本分のキャップがぶら下がっている。

その店の名物は「チリポット」・・これは結構美味い。腹減ってる時は一番に頼む。

でも、名物はもうひとつあって、それは「トイレ」。初めてそのトイレに入る客(それも女性)は結構びっくりする。ポルノ雑誌の切り抜きが壁一面に貼ってあるのだ。P1000203_2

『立派なアル中患者を目指そう!』なんて、看板も置かれてる。

ところ狭しと貼られた切抜きは、アメリカンワイルドな感じなのだが・・トイレ自体は『和式トイレ』。
和洋折衷・・そこがまた笑える。P1000204_2

左の写真には、多分「元祖ちょいワル?オヤジ」のオーナー『金ちゃん』が写っている。
わざと見難くしてあります(笑)

御歳60間近の『金ちゃん』 最近は従業員の確保に大変そうだ。何かにつけ、ポーカーやブラックジャックに誘うオッサン・・・・結構若いよ、あんたは。というわけで、怪しい馬集めの終わる日は間近だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »