« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

2006年5月13日 (土)

一草

雨の週末。少し遅く起きて、普段には出来ない庶務などをこなす。             電話が鳴る・・仕事の連絡。以前から係わっているプロジェクトに関する依頼。

色々な企業からの課題解決に携わることで、自分自身や自社のあるべき姿を考える機会が最近増えてきたようだ。どうあるべきか?何をすべきか?どうなりたいのか?

そんな時は、人の話に耳を傾ける。そして独り考える。動く。前に、前に・・・。

しかし、当然独り迷うことも多い。悩むことはない。考えているから、原因や先の道は見つかるのだが、何が最善なのか?迷うのだ。全部を試していくほど時間も無い。難しい。

『種田山頭火』を知っていますか?Photo

彼は四十四歳(1925年)のとき、自己をとりまく全てのものを捨てて放浪の旅に出ます。そして、行く先々で詠んだ俳句は、どれも季語や575あるといわれる定型に囚われず、自由律俳句として、その生き方と同じようにありのままの彼を映し出しているのです。

そんな彼の俳句が好きです、生き方にも共鳴する部分があります。

行乞流転の旅をしながら、自分の業を感じ、そして本当の自由を求めて詠み続けた彼の俳句。時に力強く、時に哀しく、時に温かく、時に儚い。囚われるもの無く、表現されるその句には、人間の人間であるが故の苦悩を感じることが多いのです。自然の中で詠み出された俳句には、彼自身の生きることの意味への問いかけが魂として宿っているように思います。

「大正十五年四月、解くすべもない惑いを背負うて、行乞流転の旅に出た」                 分け入っても分け入っても青い山Photo_2

旅の一句はここから始まります。これからの旅を象徴するかのような一句です。

山頭火は無類の酒好き。なんたって、寺に連行され、出家する原因になったのは「酔っ払って、路面電車を停めた」から・・・・。そして、同じくらいに<水>が好きだったそうです。

へうへうとして水を味ふ

夏も終わりに近づき、旅の空に清水を豪快に口にする山頭火が思い浮かびます。

第四句集『雑草風景』の中の句は、自然の中にいる、人間としての山頭火が感じられます。人恋しかったり、独りを楽しんだり。

ころり寝ころべば青空

草のそよげば何となく人を待つ

これは山頭火が其中庵(独り住んだ庵)で詠んだ句を集めた句集です。

その後、この庵を出た山頭火は旅を続け、1939年から愛媛県松山の一草庵に移り住み、そして翌年10月11日未明に亡くなります。(コロリ往生といわれてます)享年57歳。まさに<死に場所>を見つける旅だったのかも知れません。

同じ荻原井泉水の門下、尾崎放哉。彼も自由律俳句の代表とされますが、       享年42歳。早すぎる死でした。

今の俺と同年代で亡くなっている尾崎放哉。そして山頭火。人はそれぞれに、  自分の人生を見つめ、毎日をもがきながら生きているものなのかも知れません。

結果、笑顔で生き、笑顔で去れるような、そんな生涯でありたいのです。

そのためには前に前に・・・です。

最後に二句・・

まっすぐな道で さびしい

(自嘲)うしろすがたの しぐれていくか

果てない何かを感じながら、ただただ前に向かうことだけで対峙する・・そんな彼の意識が伝わってきます。何が見つけられるのか?その先に何があるのか?行ってみなきゃ解らない。その過程は、ただ独り。行ってみますか、行けるとこまで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

広島日帰り仕事

朝イチに新幹線に乗り込み、一路広島へ!

移動時間8時間、滞在7.5時間・・・の出張?です。

昼に着いて、午後イチから商談に入り、打合せを4件こなし、帰路につきました。

<テレパシーの謎に迫る>Hune

広島駅までの帰り道、例のテレパシー看板の出ている舟にカメラを向けましたが、恐る恐るでピンボケです。http://y-ohtsu0318.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_068c.html

中を覗いてみようかとも思いましたが・・・・なかなか、真実に迫れません。今度、鑑定してもらってみるかな?

同じ場所には「原爆ドームまで遊覧一人1500円」って看板も掲げてます。どっちが本業なんだろう?うーん。

<リベンジあなご飯>P1000136

この前の出張で、新幹線に忘れてしまった「あなご飯」。今度こそは、忘れまい。http://y-ohtsu0318.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_f685.html

広島駅新幹線ホーム前の<あじろや>で購入。今回は新幹線に乗り込んで、すぐに食べました。うまーーい!P1000138

やっぱり、出来立ては美味いです。満腹。幸せな夕飯のひと時。

穴子とご飯のバランスが程よく、焼き方とタレの塩梅が絶妙。

広島駅を出て約4時間・・・・。P1000137_2 いつもとは逆、週末上りの最終近くの新幹線。

午前零時前。東京駅着。東京駅は深夜にも関わらず、週末ということもあって、人が溢れている。

地方都市に行くことも多いが、東京に帰ってくると、本当に東京って「人が多いんだなぁ」と、実感する。

やっぱり大都市なんだな、TOKYOって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

やってもうた!

昨日、ブラックジャックへよろしくのコミックを買いました。最近買ってなかったので、書棚を確かめて、何巻から買ってないのか?を見てから買ったのに・・・・

やってもうた!!

ダブりました。3冊買ったうちの一冊が・・・本屋で、リアルの5巻とBJによろしく12・13巻を買ってきたのです。

読んでいるうちに?????あれっ???読んだ????BJによろしくの12巻???

自宅の書棚をよく見たら、下のほーうにカバーがかかって置いてありました。ショック!P1000134_2

即、ブックオフに売りに行くかなって感じです。しかし、ボケの始まりでしょうか?最近、本屋ではコミックの中身が読めないように、ビニールに包んでいるところが多くて不便です。確認できん!

ケチケチしないで、読ませろよ。と、思うのでした。

中途半端な二冊揃え・・あーあ。切ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座の裏通り

P1000133 トクローに逢った。ガード下で乾杯。

相変わらず元気で朗らかな奴だ。

マリオン時計前で待ち合わせ。渋谷でいうハチ公前。

銀座は今日も人が溢れていて、女性客がガード下にもいっぱい来ている。それも女性だけの客が多い。それだけ女性の消費意欲は活発だ。

ガード下初体験のトクロー・・手短に2件はしご。

楽しめたかな?今度は、東京に戻ったあいつを連れて行こう・・と思うのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

フジヤマ製麺

Photo_13 

中目黒で午前中いっぱい商談。昼飯場所を探していたら、気になる店を発見!

「つけ麺好き」の俺としては、入らずにいられない。それも自家打ち(製麺所みたい)と書いてある。会社の近くに以前『勢得』という店があったのだが、移転してしまった。

食べてみました。この店の麺は限りなく、その『勢得』に似ている。スープは違うけど・・・どっしりしたコシのある太麺。

まあまあかな?<辛しつけ麺>をオーダーしちゃったけど(貼ってあるメニューが目立ったから)、普通のつけ麺(アツ盛り)にしてみよう、今度は。

また行ってみようっと。そういえば、「キングコング」ってラーメン屋にも入りました。前回。どこか美味い店ありますかね?中目で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

紫陽花

商談を終えての移動中。P1010016

飯田橋の青山フラワーマーケットの前を通ったら、紫陽花がいっぱい!綺麗だなぁ・・ほんとに。

もう、紫陽花の季節なんだな。(ひと足早くって感じですが)

梅雨がやってくる。

ちょっと気が早いかな?

季節を感じることが出来る日本。そんな日本に生きてるんだから、しっかり季節を感じなきゃ、もったいない。季節の花が綺麗な事を伝えたい人、いますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギター弾き

CDを買った。昔、ギター弾きだった頃、尊敬してやまなかった二人。

<JEFF BECK>と<ROY BUCHANAN>の名盤二枚。BECKのブラックレスポール、BUCHANANのテレキャスター。二人の持つギターに憧れたものです。初めて買ったギター(アコギ以外で)も、ブラックレスポール(Gibsonは買えなかったけど)でした。P1010019

最近、またギターを買おうかな?なんて思っています。お茶の水の楽器屋も見て回りました。

今は良いギターが多いですなぁ。俺がFenderのMUSTANG買った時は、13万円くらい。買えなかった、ストラトは23万円くらいだったかな?本当はGibsonが欲しくて、楽器屋でヨダレたらして見ていたもんだ。友達の持っているストラトを弾かせてもらったり。

初めてコピーした曲もBECKだったなぁ。そういえば・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

television

徹夜で仕事をしていると寂しい。だからテレビをつけているか、音楽をかけている。

ふと思う・・・テレビがどんな仕組みで映像として映るのか?俺は知らない。普段何気なく当たり前に使っているものなのに、その仕組みや構造を知らないものの代表格だ。

世の中にはその道のプロが居て、その人たちが文明を作ってくれているのである。

大多数はその恩恵に与っているのだ。俺もその一人。P1000135_1

俺も何か役にたってるのかな?徹夜してて・・・。

テレビって凄い。スイッチ入れれば、色んな情報があっという間に流れてくる。音楽もあれば映画もある。お笑いもあればニュースもある。それだけの人が関わり、放送されているのだが、その情報が人に与える影響や生活変化は測り知れない。

何でもTBSが誤ったダイエット法(危険性は告知済みとしているが)を放送し、そのダイエット法を試した人の中で嘔吐や腹痛などを起こして、クレームがあったとか?http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060508it11.htm?from=top

白いんげん豆を3分間炒って、粉末にしてご飯にまぶして食べる・・・って方法らしいが、まず第一、美味そうじゃない。それを試す人もいるんだな。

どちらにしても、テレビって無くては困る人多いんだろうな。あったら便利だし、寂しくないが、別に無くても生きていけるとは思う。

しかし、テレビが文化を創る大きな要因であることは間違いない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

いまハマってます(^ ^)v③

仕事で朝方まで掛かりそうです。GW明け早々ですが・・・

そんな時、疲れをとる&眠気覚ましに最適なのが風呂!というわけで、いまハマってるのは『ゲルマニウム温浴剤』です。数ある中でも、試してみるとこれが一番。P1000134_1

左のゲルマバスがそれ。右の唐辛子入浴剤もお気に入りです。(この入浴剤には赤唐辛子のもあって、いつもそれ使ってます)

どちらも発汗作用があって、すごく汗かきます。

風呂の中で本を読みながら、じっくり汗かいて・・・風呂を出て、冷たい水をコップ一杯飲む!ふぅーっ、さっぱりします。

最近、ゲルマニウム温浴や岩盤浴なんてのが流行ってますよね。自宅の近くにも、完全予約制の『岩盤浴』の店がOPENしてました。今度行ってみるかな?と、思ってます。

でも、まずは睡眠時間の確保とスポーツクラブの時間ですよね~。いかんなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

らーめん激戦区

昨日、ラーメンを食べた。

上野~御徒町~秋葉原エリアは、いまやラーメン激戦区。上野大勝軒、青龍、光麺、天満堂・・・そして、有名店が隣接している『山頭火』『一風堂』。Photo_8

本当に隣同士で有名ラーメン店が2店並んでいるのです。

今回は『一風堂』で赤丸新味を食べました。昨日はGW最中ということもあり、家族連れで来店のお客さんも多数。

お父さんは、常連さんなのか?注文の仕方も慣れたもの。まあ、男は仕事中の昼ご飯に<ラーメン>ってコト多いですからね。足延ばして食べに行ったりするし・・。

最近、このエリアのラーメンを食べ歩こうかな?なんて思ってます。

なので、まずは『一風堂』を皮切りに。まあ、一風堂は結構店舗もあるし、いつもの味でした。それ以外の店舗に期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »