« 0.9 1.0 1.1という数字が意味するもの | トップページ | 天文学的な数字 »

2006年9月 5日 (火)

心の栄養

日曜の夕方、時間を作って「国立近代美術館」に行った。

竹橋にあるこの美術館は皇居の目の前で、桜の季節には本当に素晴らしく、その他の季節でも、季節の色を見せてくれる「憩いの場所」だ。

2階にあるレストラン「クリーンアリス・アクア」も穴場。
「フレンチの鉄人」石鍋氏がプロデュースによるレストラン。お濠に面した席で楽しむ食事は、目も心も満足。P1000581

毎月第1日曜は、所蔵品展示の無料観覧日でタダ。

なんて素晴らしい。

俺はこの美術館の3階「昭和の戦前から戦後」あたりの展示が大好きだ。
(今の作品展示の中では)

特に1950~60年代のエリアにある3枚の大きな絵。
右から高山辰雄、東山魁夷、平川敏夫の作品が並ぶ・・・。

その絵の前にはベンチがあるから、そこにずっと座って居ても良いくらいだ。

高山辰雄の青、東山魁夷の緑、平川敏夫の赤。素晴らしい作品展示だ。
そして、東山魁夷の作品以外は俺の生まれた年の作品なのだ。
その2作品にはさまれて、俺の大好きな緑色の魁夷の作品・・勝手に運命を感じる。

閉館時間まで、その絵の前に座っていた。P1000587

その後、皇居のお濠に沿って東京駅まで歩くことにした。
ジョギングする人、観光の外国人、犬を散歩させる人。
大手門を過ぎたあたりからは、ビルと皇居の緑のコントラストに目を奪われる・・・

夕陽が皇居方面に沈み始めた。

P1000594

和田倉門近くに公園を発見。

噴水があって、大きくて綺麗な公園だ。
「和田倉噴水公園」というらしい、
俺は恥ずかしながら知らなかった。

噴水を見ながらひと休み。本を読んだり、ぼーっとしたり。
東京駅からも近いので、観光客やカップルも多い。

夜になるまで噴水を見ていた・・・。

,
 
,
                                                       
都会の中にある噴水、すごく綺麗だった。
東京駅の空に浮かぶ月を見ながら、家路につく。
うーん、また明日から頑張ろう!
P1000606_1

|

« 0.9 1.0 1.1という数字が意味するもの | トップページ | 天文学的な数字 »

コメント

ふー帰ってきました・・
まずはただいまです!

来週以降に是非のみにでも・・

投稿: つきジーサン | 2006年9月 5日 (火) 20時08分

美術鑑賞いいですね~。
閉館時間までいてしまう気持ちわかります。
好きな作品は、時間を忘れて見入ってしまいますよね。
「和田倉噴水公園」知らなかったです。
噴水きれいですね。
日比谷公園の噴水は時々ながめているのですが、また違った感じでいいですー。
今度行ってみよう!

投稿: オードリー | 2006年9月 5日 (火) 21時18分


⇒つきジーサン

お帰りなさいませ。
国内もいいもんでしょ?
来週の山を乗り越えたら、ぜひ・・!

⇒オードリーさん

国立近代美術館の3階を見る!が、テーマだったので、満喫しました。特に印象深い作品が多いので。
俺も和田倉噴水公園は知りませんでした。結構いいですよ。昼飯に弁当なんか食ったらいい感じです。

投稿: 下町ダンディ | 2006年9月 6日 (水) 03時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73421/3323564

この記事へのトラックバック一覧です: 心の栄養:

« 0.9 1.0 1.1という数字が意味するもの | トップページ | 天文学的な数字 »