« 一日限りの牛丼行列 | トップページ | 夕飯のギャップ »

2006年9月21日 (木)

銀座大野

先日、どうしてもある人の料理が食べたくなって、その人の店に行きました。

『銀座大野』P1000636

銀座コリドー通りから、少し路地を入った場所。
8月にOPENしたその店の板長は
店の名前の通り「大野敏彦」さん。

珍しく和食とワインを楽しめる店です。

その日は、結構凹んでいたので、自分自身に元気をつけるためにも、ゆっくり時間を掛けて食事をしたかったのです。

また、大野さんの料理は「素材を活かして」「更に創造的」なのです。
これは人の好き好きもあると思いますので、「俺は好きです」・・ということで。

大野さんは、パリのオペラ座の近くの日本料理店で働いていた時に、ここのオーナー社長と知り合ったそうです。若い料理人やソムリエが、ワインの勉強会や料理の研究にと、友人宅に集まっていたんだそうです。

その日のコースは、秋の味覚を満載。丁度、松茸や茄子の美味いのが入ってました。
その中でも、P1000637 松茸にゅう麺と天然鰻の釜炊き御飯は絶品でした。

そして写真は季節の鍋「岩手地鶏の味わい鍋」

地鶏ときのこたっぷり使った、醤油仕立ての出汁に湯葉巻の団子が入っていたのですが、その団子が地鶏+豚の脂を練りこんだ、二度美味しい巾着団子だったのです。

地鶏だけでは出な、肉汁の美味さを、豚の脂を一緒に練りこむ事で醸し出していました。
出汁の強さにも負けない、でも優しい味に表情も柔らかくなりました。

プレオープンに招待された際は「みぞれ鍋」でしたが、それも美味かったなぁ。

鰻の釜炊き御飯は、鰻は白焼き。そして、薄味の出汁で炊き込んだ野趣溢れる御飯でした。大胆なのに繊細・・・赤出しと香物との相性がすごく良いのです。

ここで出てくる香物の中でも、小胡瓜の香物はシャンパーニュにも抜群に合います。
漬物とシャンパン・・・それが結構美味いんです(笑)

って事で、ゆっくり、しっかり御飯をいただきました。満足。

【大野の献立】
一、胡麻豆腐 美味汁 山葵

一、牡蠣の包み煮 春菊とタラバ蟹昆布巻き 帆立貝の寄せ煮トマト添え

一、松茸にゅう麺 白髪葱P1000654

一、造り 

一、茄子舟盛り黄味味噌焼き

一、岩手地鶏の味わい鍋

一、香味野菜の煮こごり

一、天然鰻の釜炊き御飯 赤出し・香物

一、水菓子

一、抹茶羊羹

当然、羊羹まで自家製です(当たり前ですが)。
ごちそうさまでした。またうかがいます・・・・

|

« 一日限りの牛丼行列 | トップページ | 夕飯のギャップ »

コメント

凹んでいたのですか・・
すみません・・そんなときに。ご同席しまして・・

でもまじで旨かったっすね。自分の人生の中でこんなに旨いもの食べたのはないかもです。(O2さんといくときはいつもそんな気がする。)

飯も話も刺激のあることをいつもありがとうございます。会社が変わってもこうやって時間を過ごせる人がいる自分を幸せと感じます。

まいどまいど本当にありがとうございます。

また、例の件すみませんでした。個人的にも会社的にも力のなさを痛感しました。すみません。

次回は必ずご馳走させてください。

にてしも胡麻豆腐絶品だ・・

投稿: toku | 2006年9月22日 (金) 00時10分

さすが東京、新進気鋭の料理人さん達がしのぎを削りつつ、切磋琢磨する刺激溢れる街ですね。 お品書きだけを文字で見ても、仕立ては想像を裏切る素晴らしいものが出て来そうです。

シャンパーニュに燻りがっこはよく言われるマリアージュですが、小胡瓜の香物は知りませんでした…(^^;) 楽しく食事できそうです。

投稿: 無芸大食 | 2006年9月22日 (金) 00時20分

先週発売された「Nanako」にお店が紹介されていました。
思わず買ってしまいましたー。(笑)
大野さんとオーナーも出ていました。
大野さん、とても素敵な方ですね。
お店の雰囲気やお料理も素敵です!
カウンターで料理人の方とお話をしながらお食事するのに憧れますが、まだ敷居が高くて・・・。
でも行ってみたいですね~。

投稿: オードリー | 2006年9月22日 (金) 02時10分


⇒tokuさん

いえいえ、こちらこそ楽しかったです。
また行きましょう!

業務連絡・・こちらこそ色々ありがとうございました。

⇒無芸大食さん

そうですね!
確かに腕の確かな料理人の方が、本当にたくさんいらっしゃいます。
実は一昨日も、この店に行ってきました(笑)
その際には、俺用にメニューをオリジナルにしてくださいました。
釜炊きご飯は、その日にひとつだけ入った鮑を特別にいただきました。
そのご飯は本当に美味かったですよ!

⇒オードリーさん

そのようですね。
社長の付き合いもあって、載せたみたいです(笑)
カウンターでゆっくり食事をするのも良いもんですよ。そんなに敷居も高くはないと思いますので、銀座カウンターデビューはいかがですか?

投稿: 下町ダンディ | 2006年9月28日 (木) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73421/3519582

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座大野:

« 一日限りの牛丼行列 | トップページ | 夕飯のギャップ »