« 虹鱒の美味しさ | トップページ | 清流の郷へ② »

2006年7月17日 (月)

清流の郷へ①

早起きして少し仕事を済ませて、今日はお休み。

<新・相棒>を走らせ、関越道を北に向かってみる。P1000357

上里のSAで休憩。
ちょっと眠い・・・昨夜も仕事が終わらなくて。(苦笑)
だから、早起きしたんだけど。

眠気を掃い、そして倉渕方面へ向かうが、高崎ICを下りると雨が降り出す。結構降ってきたぞ? そのまま走る。P1000359

倉渕町の入り口に辿り着き、少しほっとする。
権田の分岐を過ぎ、第1の目的地「カネト水産」。

15人くらいのグループが、バーベキューをしながら釣りを楽しんでいる。ルアー釣りを楽しむ人、餌釣りを楽しむ人・・。

釣りチキさんは不在。P1000358

でも、お母さんと、お父さんがいらっしゃった。
「こんにちは!」
「あら、あら、いらっしゃい」

お中元シーズンで、虹鱒の甘露煮の発送作業をされていた。
忙しいとこ失礼します。
「手伝いましょうか?」
「もう、あと一個だから」
「失礼しました・・・」(笑)

P1000360_1 山には低い雲がかかっていて、幻想的だ。
食堂で「蕎麦」と「虹鱒塩焼き」を注文させてもらう。

食堂の軒下では、バーベキュー軍団が「ジュージュー」「ゴクゴク」

お父さん、お母さんと少し近況話。

P1000361

近くの小学生が「課外学習」で訪れた時の写真と、お礼の作文を見ながら料理を待つ。
なんだか、こっちまで嬉しくなるような、可愛くて素直な文章だ。

「色々サービスしてくれてありがとうございます。まだ手が魚臭いです・・甘露煮と燻製おいしかったです」「タダで魚をくださり、ありがとうございます。ひつ問に答えてくれて・・・」

サービス、魚臭い手、タダでくださり、ひつ問・・・微笑ましいなぁ、思わず口許が緩んでしまった。
やっぱり「サービス」や「タダ」は先生が言ったのかな?みんな書いてたし・・。
しかし素直だなぁ。あと、質問を「ひつ問」と書いていた子が多かったな?P1000363

「魚も蕎麦も時間が掛かるから」と、お母さんが「もう、最後だから」と、「筍と新じゃがの煮物」と「山菜のおひたし」を出してくれた。

うんまいなぁ。車じゃなきゃなぁ・・ビールなのになぁ。

P1000365 「おまちどうさま!」

出てきました!「虹鱒の塩焼き」が。熱々のうちに、丸かじりだぁ!ホクホクでパリパリで、美味い。焼きたてはやっぱり美味い。

                                                             

P1000366

そして「ざる蕎麦」登場。
本当に手打ちした、手作り蕎麦。歯ごたえもシコシコした「蕎麦の味がする蕎麦」だと思う。

ふう、満腹だ。

                                                                    

実は、お母さんが「塩焼き」を2尾焼いてくれたのだ・・(感涙)。
確かに2尾食べちゃうな、これは。P1000364

ごちそうさまでした。
そして、また来ようと思う・・だって、ほっとするから。

釣り堀を後にし、倉渕散策に向かう・・。 ②へつづく。

|

« 虹鱒の美味しさ | トップページ | 清流の郷へ② »

コメント

小学生の課外授業の作文、かわいいですね~
きっと、たくさんたくさんいい思い出ができたのでしょうね。

虹鱒の塩焼き、美味しそうですね♪
2匹、ペロッと食べれちゃうくらい美味しかったのですねっ

投稿: さちねえ | 2006年7月17日 (月) 15時59分


⇒さちねえさん

ほんと、かわいいです。ある意味ストレート過ぎて「ドキッ」としますが。
でも、「家族でまた来たい」と、書いている子も結構居て、
そんな風に、この場所が「想い出の場所」になってくれるといいなぁ・・と思いました。

虹鱒塩焼きは「絶品です」。
楽勝で一人2尾はいけます!多分女性でも(笑)

投稿: 下町ダンディ | 2006年7月17日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73421/2683954

この記事へのトラックバック一覧です: 清流の郷へ①:

« 虹鱒の美味しさ | トップページ | 清流の郷へ② »