« 清流の郷へ① | トップページ | シュウカツ最前線 »

2006年7月17日 (月)

清流の郷へ②

倉渕の町を高崎方面に少し戻る。
色々な場所を確認しながら走って居るうちに「温泉に入って帰ろう!」と決めた。

その前に、少し散策していたのだが、探していた場所を完全に通り越し山道に入ってしまう・・カーナビを見ると「地蔵峠」??完全に通り過ぎたな(笑)
「うーん、仕方ない。ま、いいか」と、峠越えを決行。
<新・相棒>の7速スポーツシーケンシャルマチックが活きるのだ。
(マニュアル感覚の7速が可能)結構、走るじゃん・・と一人満足。P1000367_1

峠を越えると、田園風景が広がった。

車を降りて、深呼吸をひとつ。
戻るかぁ・・と、走り始めるとすぐに、橋の上から川の上流に堰が見える。

                                                            

P1000371                                          傍まで行き、車を降りて川沿いを歩いてみる。

川の水は透明度も高く、けっこう冷たい。
何段階かに分かれて、堰がいくつも造られている。

近くには圃場があって、青い稲が上を向いている。

P1000370 蝉の声、鳥の声、そして水の音・・・
それしか聞こえない。

少し、堰のコンクリートに腰掛けてひと休み。

すると、釣りをするために親子連れがやってきた。
「こんにちは」

                                                                  腰を上げ、峠道をもどり、「せせらぎの湯」を目指す。
その前に、探していた場所を見つけなきゃ・・・。あれ、また行き過ぎたか?

「せせらぎの湯」は、相間川温泉近くにある、福祉センター併設の公営施設だ。

P1000374

施設の中には家族連れや、地元の方々。以前来た時は混んでいたけれど、今日は割と空いている。

茶褐色の湯は一見「泥」のようで、初めて見るとぴっくりだ。
露天風呂につかり、汗を流して曇り空を見上げる。

ふう。。。

疲れを癒すには温泉だなぁ・・・暫し色々なことに考えを巡らす。

温泉を後にして、東京を目指す。帰りの関越道は少し渋滞。

気分転換の日曜、巷は3連休。でも、明日も仕事だ。(泣)
帰って、パソコンを開けば仕事のメールが待っていた。

それでも、時間をとって自然と触れることが出来たことに感謝。

そして、美味しいものをいただいたことに感謝。

生きている事に感謝だ。

そして、良く走ってくれた<新・相棒>にも・・・感謝。

|

« 清流の郷へ① | トップページ | シュウカツ最前線 »

コメント

下町ダンディさん、お帰りなさい。お仕事お疲れ様です。
頑張って早起きして、倉渕へ行ってきたのですね。
もしかして行っているかな?と思っていました。「行けてよかった~。」と何だか安心しました。
多忙な合間の倉渕は、少しの滞在でも癒されたのではないですか?
釣りチキさんは不在だったようですが、お父様とお母様にお会いできて良かったですね。
『倉渕・釣堀・釣りチキさんのご両親』癒されます。
久しぶりに釣堀で食べる塩焼きやお母様のお蕎麦は、おいしかったでしょう?
子供達の手紙、私も読みました。
本当、子供らしいコメントに、私も嬉しくなりました。
かわいい子供達ですね。

夏バテぎみでしたが、倉渕の写真をみて、私も癒されました。
ふるさと以上になつかしく、恋しい倉渕のまち。
私もまた行きたくなってしまいました。

投稿: オードリー会長 | 2006年7月17日 (月) 08時57分

良い休暇を取れたようですね。(^^) 美味しい食事に、心休まる田園風景。 ほのぼのとした人とのふれあいと、新しい愛車の感触。

息抜きをしてこそ、お仕事にも弾みがつくでしょう! 良い週末でしたね。

投稿: 無芸大食 | 2006年7月17日 (月) 11時01分

結婚する前、ダンナは高崎に住んでいたので何度かそっち方面には行きましたが、ここは知りませんでした。
とても雰囲気のあるステキな場所ですね~

温泉は癒されます。
日帰りでもいいから、どこか行きたいなぁ~
車がないので、すっかり出不精になってます(汗)

投稿: さちねえ | 2006年7月17日 (月) 16時01分

ふふふお仕事を一緒にさせていただいているだけに週末も一緒のことしていますね!
川、魚、蕎麦、温泉、マイナスイオン

最高の週末ですね!

投稿: toku | 2006年7月17日 (月) 21時15分

⇒オードリー会長さん

ありがとうございます、行って参りました(笑)
家族三人で頑張っている「カネト水産」が、行く度にパワーアップしている感じに驚いています。
少しずつ手が入れられているって感じでしょうか?
雨~小雨~曇り~小晴れ~雨・・・色々な顔の倉渕を堪能してきました。当然、お母さんの蕎麦は美味かったですよ。


⇒無芸大食さん

俺は無芸大食さんの「遊び心」と「探究心」を見習ってます。
遊びの中に発見があるし、その発見の中に仕事への意欲が見つかる事もあるので・・。これからもスイッチ入れ替えながら、毎日を楽しんでいきたいと思います。
実は心乱れる「怒り」も「弱虫」もあるんですが(笑)


⇒さちねえさん

そ、そうなんですか?高崎の方なんですね。
群馬県って、温泉が多いので大好きです。

「倉渕」・・・是非行ってみてください。
湘南新宿ライナーもありますし、高崎駅からは「ぐるりんバス」ってのが出ていて、無料(9月までかな?)ですよ。


⇒tokuさん

本当ですねぇ。
奥多摩行ってたんですね。今度ご一緒しましょう。


投稿: 下町ダンディ | 2006年7月17日 (月) 22時20分

せっかく来て頂いたのに、すみません!
この日は日光に行ってました。

早くブログをチェックすればよかった…、
とちょっと反省です。

でも、また東京に行った時に、お時間あれば
お会いできればと思います。

でも、ちょっとでも日常を忘れられる時間になれば、
よかった。

投稿: 釣りチキ。 | 2006年7月18日 (火) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73421/2684621

この記事へのトラックバック一覧です: 清流の郷へ②:

« 清流の郷へ① | トップページ | シュウカツ最前線 »