« 男の料理:カレー編 | トップページ | この看板? »

2006年5月16日 (火)

熱意・誠意・創意

P1000142_1 「人」それは社会の原点だ。

人はひとりひとりは至極単純だ。

それが複数の人間で社会を形成すると複雑になる。

企業も人だ。それは紛れも無い事実。

組織は複数の人間で形成する社会の小さな単位となる。

少しだけ複雑になる。同じ人間が集まるわけもない集団。

その中で勝ち続けることを義務付けられる。

色々考えはあると思うが、それが企業だ。

その中で、俺が欲しい人間は「自分がやる」と思っているやつ。

こうなりたいと思っている人間は多いだろう。

偉くなりたい。幸せな家庭を持ちたい。金持ちになりたい。

けれど、「自分がやる」人間は少ない。

何にもしないで、どうなるわけも無い。

そこに気づかず、会社が、社会が・・なんてのは。困りものだ。

会社は自分だし、社会も自分だ。それを形成しているのは自分だから。

「自分がやる」から、社会も変わる。会社も変わる。

<自分には出来ない>なんていう奴は、

<自分はやらない>と言ってるのと同じだ。

人が全てをつくる。だから人が大切だ。

しかし、「自分がやる」人間は、本当に少ない。

そんな人間が集まる集団でありたいと思うのだ。

「熱意」「誠意」「創意」。それが仕事には必要だと常々思っている。

もっと自分自身、会社自体も意識を高く持っていこう。

しかし、徹夜続きじゃ身体がもたん。

|

« 男の料理:カレー編 | トップページ | この看板? »

コメント

うーん。頭が痛いです。出直ししなくては・・

投稿: つきジーサン | 2006年5月16日 (火) 09時41分

出直したいときは連絡くれよな。(笑)

投稿: 下町ダンディ | 2006年5月16日 (火) 09時45分

高崎に戻って、すぐに出会った詩。
腐りそうになった時に、救われました。

『自分の感受性ぐらい』 茨城のり子

  ぱさぱさに乾いてゆく心を 人のせいにするな
  みずから水やりを怠っておいて
  気難しくなってきたのを 友人のせいにするな
  しなやかさを失ったのは どちらなのか
  苛立つのを 近親のせいにするな
  なにもかも 下手だったのはわたくし
  初心消えかかるのを 暮らしのせいにするな
  そもそもが ひよわな志にすぎなかった
  駄目なことの一切を 時代のせいにするな
  わずかに光る 尊厳の放棄
  自分の感受性くらい 自分で守れ
  ばかものよ


「すべて選択して来たのも自分だろう!」と強く叱咤された
気がしました。

投稿: 釣りチキ。 | 2006年5月16日 (火) 12時16分

壮絶な詩だな。

胸に刻もう。

投稿: 下町ダンディ | 2006年5月16日 (火) 13時11分

リンクを貼らせていただきました。
やっと、やり方を学びました。

ちなみに、僕もココログに引っ越しました。
http://kaneto.cocolog-nifty.com/

投稿: 釣りチキ | 2006年5月16日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73421/1813415

この記事へのトラックバック一覧です: 熱意・誠意・創意:

« 男の料理:カレー編 | トップページ | この看板? »