« 高崎にも温泉あり。 | トップページ | 神楽坂毘沙門天 »

2006年4月 7日 (金)

洞窟観音&めんじゃらけ

前日に続き、高崎観音山温泉。この日、友人の結婚式に出席予定の原君には、梅・桜の咲く旅館の駐車場でお別れ。P1000100 じょんと二人で、高崎観音山を散策。旅館近くの『洞窟観音』に行ってみた。知ってます?洞窟観音。

見た目は地味。洞穴の入口と出口しか見当たらない。・・・でも、これが侮れないのです。400mの洞窟内坑道に36体の観音像が安置されてるのだ。始めは坑道の両脇に何体かが安置されていて、「整然とした観音像たちを見て歩くのかぁ。」と、思っていたら、コレが大間違い!だんだん、観音像の周りを囲む巨岩石彫がダイナミックになっていき、落差20mの滝のような背景に、7体の観音像が安置される観音滝が現れる。

この洞窟観音。山田徳蔵翁という人が私財を注ぎ、昭和2年に着工され、昭和39年に翁が80歳の生涯を閉じるまで工事が進められたそうな。そういえば、高崎のシンボルになっている『白衣観音』も、井上さんって人が、私財を注いで造ったんでしょ。すごいよね。高崎の観音山に、同じように二つの偉業が形を成している。すばらしい。感動した。

そこでひとしきり感動した後、関越道は使わずに、一般道路で東京に向かう。じょんと二人、昼飯にラーメンを食おうと車中で決め、道路沿いを探す。だが、なぜか無い!行けども行けども無い。そんな中「麺」を書いた大きな看板・・・近くまで行くと<うどん>と小さな文字。(; ;)そして数十キロ・・「石井めん」の看板。おぉ!やっと見つかった・・と思いきや矢印を辿ると、なんと<石井製麺所>。うううう。

で、見つけた店が『めんじゃらけ』という店。P1000101 一般の家のような造りの前に駐車場。店内には、たくさんの来店客が待ってます。これは期待大!!地元では有名店らしく、タウン誌の切り抜きが貼ってある。美味そうだ。店内の半分は待ち合いスペースになっていて、みんな行儀良く待っています。

メニューを見て、何を食べるか?迷う迷う。じょんは<塩ねぎチャーシュー>俺は<辛みそチャーシュー>に決定!店内を仕切る奥さんの動きも小気味良く、すごく良い感じ。いっただきまーっす。うめぇ、うめぇよ・・うめぇ~よ、じょ~~~ん。ってことで、満腹の幸せに浸りながら帰路につくのでした。また、行こーな、じょん。

|

« 高崎にも温泉あり。 | トップページ | 神楽坂毘沙門天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73421/1322912

この記事へのトラックバック一覧です: 洞窟観音&めんじゃらけ:

« 高崎にも温泉あり。 | トップページ | 神楽坂毘沙門天 »